備忘録2019.1.14~1.20 不自由な声、たくさん歌うことの大切さ、ボイトレなんてぶっとばせ!

【備忘録カテゴリー】の記事は、僕が一週間のレッスンや演奏活動で気が付いたこと、皆さんにお伝え出来ることを書いていきたいと思います。

※前半のグレー字の部分は、真の備忘録・メモ書き程度のものとなりますが、下段の枠組みの中にはお伝えできる事をまとめて書いています。赤文字部分だけでも読んでもらえると、ひょっとすると僅かながら皆さんのボイトレ学習の足しになるかもしれません。

※なにぶん、日々のレッスンや演奏活動での体験なので、重複する事も多くなると思います。また場合によっては「前言撤回!」のような事も起こり得ますが、出来るだけ正直に書いていきたいと思います。

乱分ですが、なにとぞよろしくお願いいたします。

2019.1.14(月)~2019.1.20(日)

・ライブを休んでいるせいか、歌い辛さを感じる。悔しいが当然のことか!

・日曜日、友人宅にお邪魔して鍋を食べた。皆でギターを弾いたりハモったりして、楽しい時間を過ごせた!

今月はライブを休んでいます。「休んでたって、俺の声は衰えないぜ!」と言いたいところですが、長期休暇の悪影響が声の自在さを奪っていることを強く感じます。まあ、当然と言えば当然です。今まで休む間もなく歌ってきたのですから、不調でもなんでもとにかくウォーミングアップをして声を仕上げていく義務が僕にはありましたから。今は割と呑気にかまえていますが、そろそろ2月の復帰に向けて”歌い込み”の時期に入っていかなければ!「歌声のための道具は普段は僕たちの身体の中に存在しない、”歌う”という行為を行なう時にだけ特別に結合して現れるものである」というフースラーの説明をひしひしと肌で感じます。やはり”たくさん歌う”ことは、とても大切なようです!このことは僕にとって大きな気付きでした。

日曜日は友人宅で鍋を囲みました。お酒を呑んだり話したり・・・やっぱりミュージシャン仲間の集まりらしく、誰かれともなくギターを弾き歌い始め・・・「音楽の原点」に触れた気分です。より良い声を求めて、歌の上達を目指して、ボイトレに邁進することはもちろん素晴らしいことですが・・・何も考えずただ楽しく愉快に歌ったりハモったりする・・・こんな楽しいことを犠牲にしてまでストイックになることはありません。そんな時は「パッサジオ」も「声区融合」も気にする必要はありません!ボイトレなんてぶっ飛ばせ!・・・そして、また今日から”声の探求”に精進しましょうよ!

以上、ご精読ありがとうございました。

筆者のプロフィール、ボイトレへの考え

PAGE TOP