備忘録2019.4.22~4.28 60点ボイトレと同じく”60点掲載”を、フラジオレットと仲良くなる、ネタ切れは記憶を蘇らせる鍵である

【備忘録カテゴリー】の記事は、僕が一週間のレッスンや演奏活動で気が付いたこと、皆さんにお伝え出来ることを書いていきたいと思います。

※前半のグレー字の部分は、真の備忘録・メモ書き程度のものとなりますが、下段の枠組みの中にはお伝えできる事をまとめて書いています。赤文字部分だけでも読んでもらえると、ひょっとすると僅かながら皆さんのボイトレ学習の足しになるかもしれません。

※なにぶん、日々のレッスンや演奏活動での体験なので、重複する事も多くなると思います。また場合によっては「前言撤回!」のような事も起こり得ますが、出来るだけ正直に書いていきたいと思います。

乱分ですが、なにとぞよろしくお願いいたします。

2019.4.22(月)~2019.4.28(日)

・”気楽に一曲”・・・中々難しいものだ。ついこだわりが出てしまう。

・月曜日のライブの目標は「フラジオレットと仲良くなること」だったが、達成度はイマイチ。

・ブログのネタ切れにもめげずに開き直っていると、過去の記憶が呼び覚まされてきた!

「気楽に一曲、歌ってみました」カテゴリーを作ったので、どんどん歌ってどんどん掲載していこうと考えていましたが、実際にはなかなか難しものです。何が難しかというと・・・”気楽に”歌えないのです。かりそめにも”声のプロ”としてボイストレーニング界の末席を汚している僕なので、録音を繰り返しているうちにどんどんこだわりが芽生えてくるものです。しかし、ここは割り切らなくてはいけませんね!かつて僕は「100点満点のボイトレを目指すから続かないんや!60点ボイトレでもいいから毎日つづけにゃならん!」という趣旨のブログ記事をかいた手前、僕自身も良い意味での妥協は必要でしょう。「歌の音源、60点掲載」を目指す勇気を持ちたいと思います。

今週の月曜日は、毎月定例のデュオライブの日でした。このライブでは毎回新しい曲をカバーして演奏していますが、僕自身は”声の実験場”としての意味合いを持って臨んでいます。先輩シンガーと二人でアコギをかき鳴らしながら、色々なジャンルの曲を歌っています。さて、今回の僕のボイトレ的な目標は「フラジオレットと仲良くなる」でした。フラジオレット(超高音の裏声)を出すときのあの”こするような”感覚を、実際に高音で歌っている時にも持続させようとする試みです。結果は”出来たような出来なかったような・・・”といったところ、達成度はイマイチでした。けれど高音発声にはフラジオレットの手助けが必要なことは間違いがないので、しばらくはフラジオレットに寄り添って練習していきたいと思います。

毎度おなじみの”ブログネタ切れ嘆き”ですが、本当に書くことがない!と絶望的になって「もうやめたろかいな」と開き直ったとき、不思議な助け舟が毎回入ります。過去の忘れ去っていた記憶が蘇り、そこから何とか記事完成へともっていけるのです!僕より早くブログを書き始めていた友人(ブログに関しては先輩ですね)はこう言っていました。「ブログはネタ切れしてからが本当の勝負だ!」と。彼の言葉が今になって身に沁みます。ブログのネタ切れは「記憶の扉を開ける鍵」なのでしょうか?もうしばらくの間、ネタ切れ感を楽しみながら、ブログ執筆を続けてみたいと思います。

以上、ご精読ありがとうございました。

筆者のプロフィール、ボイトレへの考え

PAGE TOP