アンザッツの声を聴かれて「変な声!」「奇声!」ならガッツポーズを!

あなたのアンザッツを聴いて「変な声だね!それで本当に声が良くなるの?」と訝る(いぶかる)人が出てきたなら、心の中でガッツポーズをしましょう。あなたのボイトレは成功へ向かっています。

~この記事は2018年8月11日に公開しています

まだまだ暑い日が続いていますが、もう世間ではお盆休みですね!

このくらいの時期(8月中旬)になると、夜に少し秋の気配を感じる風が吹いたり、日がかげるのがほんの少しだけ早くなったりします。

そして、多くの人はお盆の連休に入るのではないでしょうか?

ボイトレ学習者の方(僕も含めて)には、ぜひ一日少しでも、たとえアンザッツを1セットでもやって、せっかく続けてきた練習が途切れないようにしたいものです。

僕は、ゴールデンウィークなどの大型連休中には「ボイトレキャンプ」と名売って、一日にたくさん練習する日を作っていました。メニューはだいたい「裏声純化」「地声の強化」「アンザッツ」「融合の練習」「奇声やガムの練習」といったところですが、これを一日に出来るだけ繰り返す、というものです。一日にそんなにたくさん練習したら、以前の僕の喉なら悲鳴をあげていたでしょうが、幸い今はどれだけたくさん練習しても大丈夫な喉になってきたと思います。喉のスタミナという面では本当に強くなりました!そのスタミナの面で一番貢献してくれている練習は、やはりアンザッツだと思っています。

さて、僕は毎日の練習の中でアンザッツを欠かしたことはありません。旅行に出かけるとき・飲んで帰ってきたとき・ライブが重なって時間がないとき・・・そんな”練習メニューを取捨選択しなければいけない状態”の時は、必ずアンザッツだけをやるようにしています。

フースラーメソードが他と一線を画す最大の理由は「喉を吊る筋肉」に着目した点にあります。そしてその「喉を吊る筋肉」を効率よく鍛えてくれるのがアンザッツです。

もちろん「声区の分離・強化・融合」というボイトレの3つのステップは全ての前提となりますが、アンザッツをやることによって(少なくとも)「分離」や「強化」を促進させる副次的な効果もあるはずです。

アンザッツには「裏声系」と「地声系」がありますが、それぞれのアンザッツのキャラクターを際立たせていくことはそのまま「分離」を促進させることにもなり、またそれぞれのアンザッツに最大の声量を(もちろん破綻しない程度に)求めていくことは「強化」の役割も担います。

またこの「喉を吊る筋肉」は、日常会話レベルやちょっとやそっとの歌の練習では鍛えられないものだということはアンザッツをやっている人ならお分かりだと思います。(7種のアンザッツはどれもかなり“素っ頓狂な声”です。少なくとも現代の会話の声や歌声の社会的なマナーからは大きく逸脱した声ばかりです。そんな”素っ頓狂な声”を出すことでしか鍛えられない「喉を吊る筋肉」に働きかけることは日常会話の声や一般的な歌声ではとても無理なことは良く理解できます)

僕がアンザッツをやっていると「冗談みたいな声ですね!それ、本当にボイトレなんですか?」と、訝る人もいますが、裏を返せばそれは誉め言葉と捉えることもできます。

ボイストレーニングは「出てきた音から喉の中身がどう動いてくれているのかを推測する」・・・この原則によって成り立っています。「極端な声が出ている」ことは、そのまま「極端な喉の動きが起こっている=未使用筋を目覚めさせている」ということになります。

実際、「喉を吊る筋肉」が充分に鍛えられていない状態での各アンザッツの音質は”極端さ”に欠けます。それが毎日少しずつ練習しているうちに、それぞれが研ぎ澄まされて、徐々に”極端な”声へと変化していきます。そして「出てくる声の変化」は、そのまま「喉の筋肉の変化(この場合は主に”喉を吊る筋肉の変化”)」が起こっている事を意味します。

 

例えば、こんなシチュエーションをこしらえてみます。

毎日のボイトレが既に習慣化しているあなたは、お盆休みを利用して帰省している間も、少しずつ練習を続けたいと考えています。

そんな時、アンザッツをやってみてはいかがでしょうか?

実家の居間で、いつものようにアンザッツを7種類やってみましょう。きっと周りの人は訝るでしょう。「一体どうした?変な声出して!そんな練習で本当に声が良くなるのかね?」と。

そんな言葉をかけてもらえたなら、あなたは心の中でガッツポーズをするべきです!

あなたは、社会的マナーから逸脱した声を出せているのですから。そしてそのことは、あなたが日常会話レベルでは到底鍛えられない「歌うために必要な筋肉」に対してしっかりと働きかける練習が常日頃から出来ているということの証です。

そして、お盆休みが終わったらさらに自信を深めて、日々のボイストレーニングに戻ってください!

最後になりましたが、良い連休をお過ごしください!

 

以上、ご精読ありがとうございました。

筆者のプロフィール、ボイトレへの考え

石橋ボイストレーニング教室
石橋ボイストレーニング教室
https://ishibashivoice.com/minicamp%20/
京都、大阪でボイトレ 一歩一歩確実に!一生ものの声を育てる

PAGE TOP