1. ボイトレを頑張る自分に酔いしれる。努力そのものの中に快楽を見出す。少しは”努力自慢”してもよいではありませんか?

  2. 備忘録2019.3.18~3.24 吸気とハミングでアンザッツ6、生徒さんを導くということ、明日のボイトレへのリフレッシュ

  3. 【リードの言葉】裏声と地声、それぞれを純粋な音質を保ちつつ訓練する。お互いを似かよらせようとしてはいけない。

  4. あいつに負けた!振り向いてもらえなかった僕の声。ボイトレ学習者として、ボイストレーナーとしてのプライド

  5. 【ボイトレ格言】休みすぎてサビ付かないように、ミュージシャンも社会人、声の体感が残っているうちにボイトレする

  6. 人を楽しませてこその歌、人を楽しませてこその音楽。先輩との共演で学んだ”外向きのエネルギー”の大切さ。

  7. テンポに関する再考。やっぱり走りがちなる、緊張に逆らうようにゆったりと歌い始める、テンポを飼いならす。

  8. ボイトレもカラオケもライブも、一旦落としてしまったペースを回復させるのは難しい。

  9. 備忘録2019.3.11~3.17 喉の”前後感”、ボイトレ都市伝説の信憑性、突然訪れた大先輩との共演。

  10. 【リードの言葉】歌える音域を最初から決め付けてはいけない。皆、もっと幅広い音域で歌える。声の完成間近で声域は決まる。

PAGE TOP