1. 歌の解釈の勉強か、純粋なボイトレか?喉の訓練=ボイトレを優先するべき。「楽器(喉)の完成」こそ表現への近道。

  2. 喉に水をやり、栄養を与え、日光に当てる。愛情を込めて。ボイストレーニングとは観葉植物を育てるようなもの。

  3. フラジオレットのサポートを得る。高音歌唱に不可欠な”超高音”、高い音を歌うには意識的にカスレさせたり細くする能力が必要。

  4. 高い声で歌う事=ボイトレ学習者共通の憧れ。その方法を知る事はボイストレーナー必須・最重要の専門性。

  5. ボイトレのレッスンで課題や指摘が増えるのは進歩の証。目の前の扉の向こうにはまた別の重い扉があるもの。

  6. 【気楽に一曲、歌ってみました】You’re So Good to Me、ハイラリンクス、喉の位置の高い声、低い音程の裏声。

  7. お盆連休のボイトレ。一日中ボイトレのことを考える日があっても良い、ちょっと特別な努力のチャンス。

  8. 腰を痛めて再確認した、ボイトレの”原因”と”結果”のすり替えの危険性。ボイトレの基本は常に「声の音質」であるべき。

  9. 歌の細部を丁寧に仕上げる。高い音や聴かせどころ意外に魂は宿り、ディテールを無視した歌は凸凹で不安定。

  10. 歌の練習。がむしゃらに歌うのではなく、シンガーの癖を真似るなど、ボイトレ効果を高める練習を。

PAGE TOP