歌唱サンプル

  1. 「喉の努力性が低い状態」は、コツやテクニックによってではなく、正しく地道なボイストレーニングの成果です。

  2. 【歌唱サンプル・I Want to Know What Love Is】私たちは自分自身で「歌えるか」「歌えないか」を”歌う前から”理解できる。

  3. 【歌唱サンプル】「声を聴いて歌う」は不安なシンガーを救う。練習でのモニター音量は控え目に、”とっておき”は満を持して使う。

  4. 【歌唱サンプル】「ウォーミングアップしていない声」がピッタリな歌。喉の準備が整わない状態で歌う。曲が求めている声で。

  5. 「可能な限りゆったり」という意図で歌う。テンポは適正に、曲のニュアンスを捻じ曲げないように

  6. テンポに関する再考。やっぱり走りがちなる、緊張に逆らうようにゆったりと歌い始める、テンポを飼いならす。

  7. 【歌唱サンプル】Time(Pink Floyd)サビで雰囲気を変える、起伏のないメロディーを丁寧に歌う。

  8. 【歌唱サンプル】「いまこの瞬間に歌いたい歌」でウォーミングアップする。理想的な喉の状態、理想的な声の音質を知る。

  9. 【歌唱サンプル】雨を見たかい(CCR)細かい事を考えずに”がなる”

  10. ”出しやすい音域”で作ってしまったクリスマスソング。「出しやすい音域」と「出せる音域は」違う。

PAGE TOP