雑記と一言ボイトレ

  1. 録音を聴く。他の楽器奏者も”そうしている”。友人知人は褒めてくれるが、より厳しい客観性を持って自分の歌を聴く。

  2. 声を録音し、批判的な目を向けること。声はトータルに改善する。問題点は洗い出すが、個別に解決しない。

  3. 腰を痛めて再確認した、ボイトレの”原因”と”結果”のすり替えの危険性。ボイトレの基本は常に「声の音質」であるべき。

  4. 「明日のレッスンは○○でお願いします」望むところです!ボイトレ的骨子に沿ってさえいれば、ご要望にはお応え出来ます!

  5. 慎重に調整して壊れないように・・・”守られた声”から脱したい。人間は本来歌える生き物である。

  6. 歌声の意外性は聴く人に強烈な印象を与える。相反する声を操る能力が、喉には備わっている。

  7. 「良い声でしたよ」の感想には「ありがとうございます」で答えたい。ネガティブなコメントは控える。

  8. 「弾き語りの技量が落ちた」と改めて感じます。録音してみて分かる・・・練習せずに現状維持は困難

  9. 音楽が、歌声が、今すぐに手に入らなかった時代。未知の音楽を開けるドキドキワクワク。

  10. ボイトレはとにかく1年間続けてみる、仕事でもボイトレでもあまり早急に結論は出さない方が良い。

PAGE TOP