バンド・ライブで歌っている方へ

  1. ”歌の練習よりもボイトレを優先して”とは考えているけれど。期限付きで臨む「一日40曲」の苦行、歌いまくる実験

  2. 傷んだ喉、傷ついた声での歌。とにかく丁寧に、声の質感を軽く。各々、不調時の対処法は持っておくべき。

  3. 上手く歌えない時は、基本的な事に立ち返る。声区分離、純粋で強い裏声と地声・・・理想のフォームを思い出す

  4. 初めての弾き語りライブを終えて。さあボイトレだ、”対処”は必要ない、喉の機能回復によって全て解決する

  5. 今日は初めての弾き語りライブ。”良い歌声”のためには手段を選ばず、レッスンのプロセスを披露しない、出した音に後悔しない。

  6. 明日は初めての弾き語りライブ。特別なボイトレは必要ない、やるべきことはやった!歌の練習を深追いしない。

  7. 久しぶりのライブ復帰。歌の練習の必要性、声の音質の記憶、ボイトレの長い道のりを再確認。

  8. プライドが真実の受け入れの邪魔をする。声や歌への批判は謙虚に受け止め、ボイトレの原動力とする

  9. 喉の調子が悪い時のライブには車で出かける。一人になれる、ギリギリまでボイトレできる

  10. ソロライブをやろう!生々しい声を聴かせる、意外な選曲で音楽の趣味を知ってもらう

PAGE TOP