バンド・ライブで歌っている方へ

  1. 喉の調子が悪い時のライブには車で出かける。一人になれる、ギリギリまでボイトレできる

  2. ソロライブをやろう!生々しい声を聴かせる、意外な選曲で音楽の趣味を知ってもらう

  3. 声が出ない時は、歌えていた時の自分を模倣する。イメトレを軽視してはいけない

  4. ボイトレを続けるとライブ前のウォーミングアップの時間は短くなり、いつか必要なくなる?

  5. ライブではボイトレのプロセスを聴かせてはいけない。ただし対策やコツは知っておくべき

  6. ソフトな曲とハードな曲。曲調の違いと声を操る難易度の関係

  7. 自分の声を聴き過ぎず、喉の感覚・声の感覚を鍛える。ライブでPAやモニターの影響を受けないために

  8. 初ライブから一夜明け、録音を聴いて反省。音程は?テンポは?今後のボイトレは?

  9. 今日は初ライブ!当日のウォーミングアップ、モニターやマイク、必ず録音する

  10. 明日は初ライブ!前日のボイトレや準備。お酒は飲まず睡眠をとる

PAGE TOP