コラム

  1. 「朝活のすすめ」、同志を見渡して励みにする。起床時にできるボイトレをひとつ。

  2. 言うことを効かない喉を、思い通りに動かすこと。「喉への神経支配」の大切さ。

  3. 部品は揃っているけれど、未だ組み立てられていない「歌の楽器」。シンガーの不憫。

  4. 楽器は違えど、そのまま「歌声の訓練」に適応できる、二つのこと。

  5. 歌う時、「意識しないこと、自然なこと」の延長上に「意識的に操作すること」がある。

  6. シンガーは歌声を「芸術的配慮から離れて」訓練し、ステージでは「芸術的配慮に満ちて」歌う。

  7. 「知的な」と「動物的な」。タイプの違うボイトレ学習者の比較。けれど結局は「短く、しかし頻繁に歌え」

  8. 「ボイトレ実践書の読み方」”知識の枠組み”を最小限に留める、情報を得過ぎない。著者は「それで充分」と考えている。

  9. 歌の解釈の勉強か、純粋なボイトレか?喉の訓練=ボイトレを優先するべき。「楽器(喉)の完成」こそ表現への近道。

  10. 喉に水をやり、栄養を与え、日光に当てる。愛情を込めて。ボイストレーニングとは観葉植物を育てるようなもの。

PAGE TOP