コラム

  1. ボイトレに日常生活の制限は必要ない。ボイトレは手軽にできる習い事。「やってはいけない」ことはない。

  2. 小さな挫折を”大きな挫折”と捉える才能。ボイトレへの目覚めが早い人は、それだけで非凡。

  3. 感情の乗った歌声をお客さんに聴かせる。感情の高ぶり・抑圧を作り出す、シンガーは”感情労働者”

  4. 声の悩みのレベルが上がっていることを喜ぶ。ボイトレの”あんなことで悩んでいた”を思い出す

  5. 「過去の自分の声」と今の声を比べてみたい衝動。それはボイトレの証。保管上手な人は凄い!偉い!

  6. 「僕は高い声で歌える」と信じていた春のある日。”高い声が出る”と”高い声で歌える”は雲泥の差。

  7. ボイトレの”波に乗る”。やる気の波の正体を知る。ジッと我慢して次の波を待つ。

  8. ドラムがあるのと無いのとでは、こんなに違う。手間暇も費用も歌の難易度も。だけどハマった時の喜びもひとしお。

  9. 良い音色を求めて楽器(=喉)を改良する、既存の音色に満足しないこと。筋肉の動きの勉強が音楽性を高める

  10. 自分の声との、自分の喉との”接触回数”を増やす。歌声に向き合う時間がボイトレの未来を決める。

PAGE TOP