コラム

  1. ドラムがあるのと無いのとでは、こんなに違う。手間暇も費用も歌の難易度も。だけどハマった時の喜びもひとしお。

  2. 良い音色を求めて楽器(=喉)を改良する、既存の音色に満足しないこと。筋肉の動きの勉強が音楽性を高める

  3. 自分の声との、自分の喉との”接触回数”を増やす。歌声に向き合う時間がボイトレの未来を決める。

  4. ボイトレが思わぬことに役立てば素晴らしい!「進路変更」「想定外」は悪いことではない、むしろ柔軟にそれを受け入れる。

  5. 忘れががちになる戒め「急がば回れ」。ボイトレの大通りを走ろう。不調な時、不安な時にこそ思い出したい言葉。

  6. 口うるさい先生は良い先生。声の、喉の、歌の、細かい指摘が歌声を改善に導く。レッスンはサウナではない。

  7. 司会を仰せつかり、ボイトレの成果・声の変化を実感。”台本を読む”ことで”歌声”が発せられる?セリフを言う≠会話

  8. 不言実行!男は黙ってボイトレ!知らない間に良い声に。せめて有言実行なボイトレ学習者でありたい。

  9. 48歳からでも声を変えたい、いや変わる!僕自身の喉で実験を重ねられる幸運と喜び。

  10. 歌には”間違って覚えている音”がある。誰かに指摘されなければ、自分では気が付かない。

PAGE TOP