備忘録

  1. 備忘録2019.5.6~5.12  ツインボーカルは個性の対比で聴かせる、伴奏楽器の音色は歌の表現力を上げる、暑い!夏か?

  2. 備忘録2019.4.29~5.5 時間制限を設けて”気楽に歌う”、ボイトレを少しだけ上積み、道具の劣化=ボイトレの前進

  3. 備忘録2019.4.22~4.28 60点ボイトレと同じく”60点掲載”を、フラジオレットと仲良くなる、ネタ切れは記憶を蘇らせる鍵である

  4. 備忘録2019.4.15~4.21 気楽に楽しく歌う、歌の録り直しを最小限に、昼夜の寒暖の差に注意

  5. 備忘録2019.4.8~4.14 連続ライブでの声のスタミナ、声を頭でイメージすること、刺激を与えてくれる先輩

  6. 備忘録2019.4.1~4.7 ウォーミングアップしない声、リラックスした喉、今度こそ春

  7. 備忘録2019.3.25~3.31 バンドで歌うことの難しさ、意図したテンポへの挑戦、ボイトレはスポーツの練習にも通じる

  8. 備忘録2019.3.18~3.24 吸気とハミングでアンザッツ6、生徒さんを導くということ、明日のボイトレへのリフレッシュ

  9. 備忘録2019.3.11~3.17 喉の”前後感”、ボイトレ都市伝説の信憑性、突然訪れた大先輩との共演。

  10. 備忘録2019.3.4~3.10 アンザッツの自己監査、独特の緊張感があるライブ、体調管理・花粉症とボイトレ

PAGE TOP