低音のフラット癖に注意。上昇メロディと同様に下降メロディにも活力を与える

いうまでもなく”高音”は、歌にとって最難関の課題であり、また「高い声で歌いたい」は多くの人にとってボイトレを受ける一番重要な動機でもあります。

かくいう僕も”高音”の魅力に取りつかれた一人です。

「誰にも真似できないような高い声で歌いたい!」・・・実際には音楽の良し悪しとは無関係の、むしろ”エゴ”に近い欲求だとは分かっていながら、やっぱり常に意識してしまうのが”高音発声”なのであります。

高音発声を目指す人が、歌のメロディの中で特に気に掛けていることは「最高音でフラットしないこと」「上昇するメロディできちんと音程を取ることが出来るか?」ということだと思います。

音階を上昇していくメロディ・・・駆け上がるごとにフラットしていき、結局最高音に届かず”残念な結果”になる。聴き手には「あの人、高い声出てないな」と印象を植え付けてしまいます。

実際には、本当に難しい箇所は”換声点(パッサジオ)”と呼ばれる地声と裏声が交わる音程です。僕自身、この部分の処理には(特に調子の悪い時には)本当に頭を悩ませられます。

さて上記のように、確かに”音階の上昇”や”最高音”はもちろん難しいことは間違いないのですが、それと同様に”音階の下降”や”再低音”も軽くみるべきではありません。

今回はそんな内容で書き進めてみたいと思います。

お付き合いください。


音階の下降も「下がりすぎる」「フラット」傾向にある人が多い

ライブなどを聴いて、カラオケに行って、またレッスンを行なっていて、音階の下降に関しては「下がりすぎる」人が多いように感じます。

言い換えれば、やっぱり「フラットする」傾向の人がほとんどです。(つまり、”音階の上昇”の場合の問題点と同じです)

このことは録音して自分の歌を聴いて分析したり、人から注意を受けないと気付かないかもしれません。特に高音にコンプレックスを持っている人は「高い音がフラットしている」ことは理解しやすいと思います。逆に「低い音もフラットしている」ことは客観的に録音を聴くなどをして初めて気が付く場合も多いと思います。

僕自身、常に高音に対しての意識が強くあったため「低音の不安定さ」に気付くのは遅れました。低音をしっかりと安定させることは、そのまま歌の”整合性”に関わってきます。高音はともすれば”アクロバチックな”意味合いを含む使われ方をしますが、低音が安定した歌は聴いていて安心感があり、芯の通ったブレない印象を与えます。

 

低音にも”息吹き”を!意識を向け、活力を与える

「意識を向けられた音」「からっぽの音」・・・この二つは、結果は全く違ったものとなって現れてしまいます。

「意識を向けられた音」は、しっかりと響いて明瞭であり、正しい音程にピッタリと当てはまります。

かたや「からっぽの音」は、響きは曖昧で暗く活力がなく、おまけにフラット気味になることがほとんどです。

ほとんどの人は”音階の上昇”や”最高音”には、自然に意識を向けることができ活力を与えることができます。

けれど、”音階の下降”や”再低音”に対しては、注意がおろそかになりがちです。

音に意識を向け、一音一音丁寧に、良く響くように努力するだけで、低音のフラット癖のほとんどは解決すると思います。

裏声に比べて地声の力が強い「重い声」の人は特に低音のフラット傾向が強い印象です。裏声の力が弱いために、どうしても声は重くなり、音程的にも下向きになりがちです。

 

あやつり人形の糸のように、完全には緩まないように

”下降音階”や”低音”は、あやつり人形のように糸によって吊られているようなイメージを持ってください。

あやつり人形は、例えば「手を下に降ろす動作」の時でも完全には糸は緩みません。糸によって上から吊られることによって希望する位置に留まることが出来ます。

音階を下降する時も「あやつり人形が手を下に降ろす」ように、完全にゆるんだ状態にならないようにすれば”下がりすぎ”や”フラット癖”は防げると思います。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

高音に比べて低音はないがしろにされがちですが、もちろん歌にとって大切な要素であることに違いはありません。

僕自身も、低音に注意を向けてからは歌の安定感が増したと感じています。

もし「なぜか分からないけれど、歌が不安定だ」という方は、下降メロディが下がり過ぎていないか?低音がフラットしていないか?をチェックしてみてください。

歌の印象はちょっとしたことでガラリと変わるものです。例えば、一音だけで出てくる低い音がいつもフラットする・・・この事を改善するだけでも全体の整合性は格段にアップすると思います。

ぜひ、お試しください。

 

以上、ご精読ありがとうございました。

筆者のプロフィール、ボイトレへの考え

PAGE TOP