「力強い歌声」だけになるのは危険。いつでも軽く歌えるように、裏声が失われないように

世間一般的に、理想的な歌声とはどのようなものでしょうか?

もちろん趣味趣向のふり幅が大きく、人によって随分違う答えが返ってくるであろうこの”理想の声”、言葉の羅列で表せば、きっとこんな風になるでしょう。

「自由自在に声を操れて、感情表現も思いのままな”力強い”歌声」

そうですね、僕も似たり寄ったりの答えを返すと思います。そしてその中には必ず「力強い」というキーワードを含ませるに違いありません。

「力強い歌声」・・・激情的で、重くドラマチックな歌声。その反対は「軽い歌声」となるでしょうか・・・漂うような滑らかな歌声。(「ドラマチック」に相反して「リリック」という言い方をします)

今回の記事では、そんな誰もが理想の声の重大要素と考えている「力強い歌声」について、それに潜む意外な危険について、僕自身の経験を交えて書いていきたいと思います。

お付き合いください。


「力強い歌声」を得るためには裏声の強化が必要

「高音が弱々しく細い」という悩みの人も多いと思います。誰にとっても「力強い歌声」を手に入れるために努力するのであり、「力強い”高音”」ともなると”ボイトレの最終目標”と言ってもいいような”憧れの的”なのではないでしょうか。

地声で太く豊かに歌う・・・それも確かに「力強い歌声」ではありますが、そのままでは高音を歌うことは不可能であり、音質の面でも”ただ重いだけ”という印象の歌声に留まってしまいます。

音域を広げる、音質を良くするためには裏声の強力なサポートが必ず必要になります。

地声と同時に裏声も徹底的に鍛える、いやむしろ「力強い歌声」のためには、やっぱり”裏声の強化”が必須となります。

ドラマチックに歌いたい俺には裏声など必要ない」という人でも、裏声の強化を避けて通るボイトレはあり得ません。よしんば”音色”としての裏声は必要なかったとしても、”機能”としての裏声は必ず必要です。(実際には、裏声が鍛えられた人の地声とそうでない人の地声・・・音色は全く違ったものになります。前者は艶があり金属的な響きを伴いますが、後者が太く重いだけです)

 

力強く歌えても、「軽く歌えない」状態は危険です

理想とする「力強い歌声」を目指して歌っているうちに、どんどん声は太く重くなってきた。

実は、これはとても危険な状態です。

試しに「軽い歌声」を出せるかどうか、軽く漂うように歌えるかどうか、試してみてください。いつもいつも太く重い声しか出せないようだと、裏声の機能的なサポートが失われています。

こうなると一定の音程より上の声は出なくなり、高い音域で声を細くすることも難しくなってきます。

そして、何を隠そう僕自身も、そんな状態に陥りそうな時期がありました。

 

僕が経験した「声がどんどん太く重くなる」現象

歌の仕事を始めて1年経った辺りからでしょうか、僕の歌声はどんどん太く重くなってきていることを自覚しました。

お腹に力を込めたり、やたらと大声で歌ったりして無理やりに高音を出しているうちに、軽く細い声が出せなくなっていました。

幸いこの時でもまだ、裏声を失ってはいなかったので、まだ”マシ”な方だったのでしょう。当時の僕の喉にはがんじがらめの固着が起こっていたのだと思います。また、歌える音域も日に日に狭くなっている実感がありました。

当時の僕は、裏声を鍛えることを全くやっていなかったので、日々のライブで地声ばかりがどんどん強くなり、その結果”重く太い歌声”になっていたのだと思います。(当然、音色的にも”ただ重い”だけです。艶もなければ鋭さもありません)

「高音では声帯を”薄く使う”」という表現を使いますが、この頃の僕はそんなコントロールも失っていました。当時の僕は知識としてそのことを知ってはいても、おそらく出来なかったと思います。

 

「いつもで軽く歌える」状態を目指す

「力強い歌声」は「軽い歌声」とセットで、初めて健康的に使える状態になります。つまり、力強く”だけ”しか歌えないことは、喉の機能の大きな部分(裏声のサポート)が失われているということです。

裏声と地声を融合させて(コーネリウス・リードは”裏声に地声を「添加」する”という表現を使っています)、地声が裏声のサポートの中で活力を強めてくることによって初めて「力強い歌声」は可能になります。

そして、そんな状態はボイトレが相当に進んだ段階にならないと、なかなか難しことなのです。

フースラーも「その声がリリックな性格をまったく失い、ドラマチックな声となってしまって発声器官を駄目にしてしまう可能性がある」と書いていますが、先述のように何年か前の僕の声はそんな状態だったのでしょう。間一髪助かったのかもしれません!

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

基本的には「力強い歌声」「ドラマチックな表現」は喉の機能的にはとても難易度が高く、健康的な「力強い歌声」を獲得するためには、それこそ何年もの月日がかかると考えた方が良いと思います。

僕もそんな「力強い歌声」には、まだ到達出来ていません。

後払いオンラインレッスン開講中!お気軽にお問合せください。

 

以上、ご精読ありがとうございました。

筆者のプロフィール、ボイトレへの考え

PAGE TOP