英語の歌を上手く歌うには?英語話せなくても大丈夫!練習法も解説!

こんにちは!京都のボイストレーナー、石橋謙一郎です!

今回は英語の歌を上手く歌うためにはどうすれば良いか?について解説してみたいと思います。

実は、僕自身は(ほぼ)英語の歌専門の歌手であり、英語の歌を教えるのが得意なボイストレーナーなのです!

英語の歌をそれらしくかっこよく歌うためには、”歌詞の歌い方”に対する考え方を変える必要があります。

この記事では、具体的な練習方法なども交えながら、そのあたりを解説していきましょう。

よろしくお願いいたします!

英語ペラペラでなくても大丈夫

「わたし、英語話せないから、英語の歌なんて無理です・・・」

まあ、そんなこと言わずにやってみましょうよ!

英語の歌、本当にちゃんと歌えるようになりますから!

そもそも「英語で話せること」と「英語で歌えること」は、まったく別なことなんですから!

昭和の歌姫、美空ひばりさんは英語の歌も上手な人で、とてもきれいな英語で歌っていました。けれど、実は彼女は英語を話せなかったのです。

実際にこういう例は、僕の周りの歌手の中でも、いくらでもあります。

またもちろん、その逆、つまり英語ペラペラなのに英語の歌を歌うとそれほどでもないというケースもたくさんあります。

なぜこんなことが起こるのでしょうか?

会話の言葉≠歌の言葉

あなたが普段話している会話の中の言葉と、歌詞を歌うときの言葉は、ぜんぜん別のものだと考えてください。

例えば「おはようございます」を、会話の場合と歌の場合で比較してみましょう。

会話の場合は「お」「は」「よう」「ご」「ざい」「ます」と、それぞれの言葉を言うたびに、いちいち喉の位置や状態が変わります。もちろん声帯の開き具合や状態も、忙しく変わってしまいます。

一方、歌詞を歌う場合、喉の状態を出来るだけ一定に保って、響きを統一して言葉を発しなければいけませんから、極端にやると、こんな風になります。↓

会話の言葉と歌の言葉は違うと覚えておくことはとても大切で、普段の会話のように忙しく喉の状態が変わってしまっていては上手に歌うことは難しいです。

会話の言葉と歌の言葉は全く別物だと考えて、英語の歌にも挑戦していってくださいね!

日本語の響きの弱点

実は、残念なことに僕たちが話す日本語には「響きが浅い」という弱点があります。

ほとんどの日本人は、毎日の会話の中で響きを浅くする練習をやっているとも言えるので、これは強く意識しておいた方が良いでしょう。

日本語と英語、それぞれの言葉の響きの違いを感じてください。田中角栄とキング牧師の声真似です。

響きの違いを感じてください。↓

田中角栄とキング牧師の声の響きの深さは随分違いますが、これは日本語と英語のサウンドの違いから生まれているのではないかと思います。

日本語の響きの特徴(例:田中角栄) 英語の響きの特徴(例:キング牧師)
響きが浅い

声は細く、鋭い

だみ声

響きが深い

声は太く、豊か

だみ声ではない

英語の歌を上手く歌うためには、英語独特のサウンドの特徴や響きの深さを知っておいた方が良いでしょう。

カタカナ読みしない

英語の歌を上手く歌うためには、言葉とサウンドを分けて考えないことが大切です。

カラオケで英語の歌を歌おうとすると、歌詞にカタカナのルビが出ますが、あれは良くないです!

英語をカタカタで表記すること自体、まったく不可能だと僕は思います。

美空ひばりさんが、英語は話せないにも関わらずあんなにきれいな英語で歌えた理由は、耳が良かったからだと言われています。

ほら、小さい子供が意味の分からない英語の歌をビックリするくらい上手に歌うことがありますね?あれが理想です!

歌いたい英語の歌を良く聴いて、聴いた印象を出来るだけ忠実に再現することを目標に、取り組んでみてください。

ここに気を付けよう!

英語の歌、ここを外すと残念なことになる!と僕が考えているポイントを書いてみましょう。

RとLの発音

英語の歌に慣れていない人は、Rの発音を巻き舌でやってしまいがちです。

英語っぽく歌おうとすることが、余計に日本語っぽくなっているという印象を受けます。

それから、RとLの区別がついていない人も意外に多く、これを治すだけで随分印象は変わります。

BeatlesのLet It Beを例にやってみましょう。

LとRを混同して、全部Rで歌ってしまうと、こんな風な巻き舌になります。↓

実際には「Let」は全部Lなのでこうなります。↓

Lの発音が苦手な人は「ラララ♪」の練習をやって、歯の付け根に舌を当てる癖をつけましょう。↓

 

Thの発音

TheやThinkなどのThの発音も日本語に無いものなので苦労する人が多いですが、これを治すと歌の印象はグッと変わります。

BeatlesのThe Long And Winding Roadの出だしの部分でやってみます。

実際はこう始まります。中学の時に習ったように前歯の間に舌を挟んでThを発音します。↓

けれども、こうやってしまうことが多いです。これはカタカナのザになってしまっています。↓

隠れた子音

英語の歌の場合は、見過ごされてしまう箇所が意外に大切で、それが大切なリズムを作り出していることもあります。

BeatlesのLet It Beのこの部分。

♪I wake up to the sound of music, Mother Mary comes to me♪

musicの最後のc、これを無視すると、いかにも締まりのない印象になります。

ついでにTheやMother Maryのthをカタカナのザと発音すると、かなり素人っぽくなってしまいます。

本当はこうです。musicの最後のcをしっかりと発音することによってキレとリズムが生まれ、当然TheやMother Maryのthもちゃんと発音しましょう。↓

中学生のように

RとLにせよThにせよ、中学時代に発音を習っているので、基本通りやればそんなにおかしなことにはならないと思います!

他にもSheとSee、Vの発音などには気をつけましょう!

まとめ

英語の歌にコンプレックスを持っている人はとても多いですが、大丈夫なんですよ!

英語で話せること=英語で歌えることでは決してありませんから!

歌いたいと思う歌を良く聴いて、そのサウンドをしっかり染み込ませて忠実に再現するように頑張ってみてください。

ただし、英語にあって日本語にはない「響きの深さ」は意識した方が良いでしょう。

決してカタカナに惑わされないでください。

発音に関しては、中学生レベルの基本を思い出すだけで、必ず改善されるはずです。

頑張ってください!応援しています!

PAGE TOP