声量自慢の人とのカラオケ 呼吸に頼らず姿勢も正さず、喉だけに仕事をさせる

何人かでカラオケにいくと、時々「声量自慢」の人を見かけます。

太くて大きな声で歌うタイプの人で、男性に多いと思います。(隣の部屋からも物凄く大きな声が聴こえてくることもあります)

という僕自身がかつてはこのタイプで、それこそ「僕の声、廊下の端から端まで響き渡れ!」といった勢いで、物凄く大きな声で「がなって」歌っていたと思います。

あの頃の僕は「大きな声が出せる」事で満足を得ていました。「僕は人より声量があるんや」という自負があったのです。しかし、実際にはどうでしょうか?強い息で高音を張り上げていたので安定感がなく、スタミナにも難がありました。そして何よりの問題は、僕の声量が「はたして本物の声量」であったか?という点です。少なくとも心身のエネルギーを効率よく声量に変えていたか?というと、全くそんなことはありませんでした。

皆さんや僕たちは、ボイストレーニングというものに興味を持ち、喉や声について一般の人よりたくさん勉強して知識を得ています。

その結果「発声とは”喉だけの仕事”」である事を知っています。

しかし、特にボイトレを始めたばかりの人は意外と簡単にこの事実を忘れ、喉以外の他の要素(呼吸の強さなり、お腹の筋力なり)で発声の手助けをしようとしてしまいます。

特に同じ部屋の中に「声量自慢」の人がいて、その人が大声で「声が裏返ろうが、音程に届いてなかろうが、おかまいなしに」歌っているのを聴いてしまうと、自分も同じやり方に引っ張られていきそうになります・・・

今回は、そんな状況の時にボイトレしてきた事を活かすためには?について書いてみたいと思います。

お付き合い下さい。


仲間の声を分析してみましょう

せっかくボイストレーニングしているのですから。何人かでカラオケにいく機会は他の人の声が聴ける「またとないチャンス」です。

「呼吸に頼った歌い方だな」「姿勢を正すことが緊張に繋がっているな」「この人は良い歌い方だな!」・・・ぜひ、注意深く聴いて分析してみましょう。

「このままだと高音の部分は厳しいだろうな」「おっ!上手く裏声に移行したな!」・・・仲間の歌を聴きながら、次の展開を予想することもやってみて下さい。

他の人の声や歌を聴く事はとても良い勉強になります。それぞれ独自の発声の癖を持っており、中には「かつての自分」のようなスタイルの人も見つけられるかもしれません。また、発声的にはかなりおぼつかないような人でも「個性的な歌心」が自然に歌の節の中に現れている事にも注目してください。人間は皆、隠しようのない歌心を持っており、発声器官が未熟な状態でさえ所々にその断片を現すことが出来ます。そんな、誰もが持っている歌心は、それを無理矢理抑え込むことをしなければ、喉の機能回復が進めば進むほど、どんどん表面に染み出てくるものだと僕は考えています。

 

決して「呼気に頼る」方向に”逃げない”ように

仲間の一人が、呼気の強さに頼ってお腹から声を出すような歌い方をしているのを見ると、つい自分もその方向に引っ張られていきそうになるかもしれません。

特にボイトレ初心者の方はかつての悪い癖が鎌首をもたげ、呼気を強くして高音を押し出す方向に「逃げたい」衝動にかられると思います。

ボイトレが進み、喉が本来の仕事を思い出してくれるまでは、意識的に「呼気に頼る方向に逃げる」ことに抗わなければならないと思います。皆さんが「呼気に頼る発声」をやってきた期間が長ければ長いほど、その誘惑は長い間、しかも強く襲ってくると思います。決して逃げずに「喉に仕事を任せる」経験を積めば積むほど「呼気の誘惑」は薄れてきます。ここが「発声を変える」正念場です!

 

「喉だけが仕事をする」状況をつくる

喉だけに仕事を任せるためには?・・・喉だけが仕事をする環境を作るようにしましょう。

真っすぐ立って、顎を引いて、肩幅に足を開いて・・・こういう事をやり始めてはいけません。これは「喉以外が発声に加担する状況」を自ら進んで作っているようなものです。

リラックスしてソファに少し深めに腰かけて、肩ひじをソファのひじ掛けに置いてもいいでしょう、飲み物のグラスを片手に持ってもいいでしょう・・・とにかく「特別な状態」を作らないように工夫してみてください。自宅でお茶を飲みながらテレビを観ているようなイメージで、テレビに映っているコントに大笑いをしている・・・そんな「普通の状態」を作ってください。

「自宅でテレビを観て大笑いをする」・・・こんな時は喉だけが発声の仕事をしているはずです。マイクを持って、何か特別な事を始める・・・こういう「身構える」事をやめてみましょう。マナー的に許されるなら、寝そべって歌ってみても良いのかもしれません!

 

まとめ

大きな声を腹から絞り出すように歌う人を見ると、自分もそうしたい衝動にかられます。

特にボイトレの初期段階では、その誘惑は相当なものだと思います。

しかし、そのやり方に「逃げて」いては、ボイトレの目的である「発声を根本から変える」ことはずっと出来なくなります。

「声量自慢」の人、傍から見ると気持ちよさそうに歌っているように見えるかもしれませんが、本人は「しんどい」はずです。(僕の経験からも、そう分かります)

本当に気持ち良く歌う為には「喉だけに仕事を任せる」ことです。

 

以上、ご精読ありがとうございました。

PAGE TOP