フラットすることへの恐れ。誰もが悩むピッチ問題、必ず解決します

後払いオンラインレッスンについて

ボイトレに関するキーワード・・・歌が上手くなりたい、もっと自由に歌えるようになりたいと願う人を阻む”音程の問題”はほとんど誰もが抱える”永遠の課題”であるともいえます。

「音程」・・・それは、”歌”という数値化できない(正解がない)芸術的なジャンルの中では数少ない”正誤のはっきりした”要素なので、僕たちが常に躍起になって取り組むべき最重要な課題なのであります。

そして不思議なくらい、実際よりも低い音程で歌ってしまう人はとても多く、そういう人を「フラットしている」とか「フラット癖がある」という言い方をします。

フラット癖のある人は、女性よりも男性に圧倒的に多い印象です。特に”重くドラマチックな声”で歌う男性は、もし何もトレーニングをしなければ、そのほとんどはフラット傾向にあります。

何を隠そう僕自身も「大いにフラット傾向の」シンガーとしてプロ活動をスタートさせました。多分10年前の僕の歌を聴くと、全ての曲・どの音程でもフラットしているはずです。(その頃の音源は残念ながらほとんど残しておりません・・・)

さて、この記事では誰もが悩む音程の問題、特に”フラット癖”について、僕の経験を書いてみたいと思います。そして歌がフラット傾向にある方の参考になれば幸いです。

お付き合いください。

 

常にフラットしていた僕の歌

冒頭に書いたように、僕の歌は常にフラット傾向にありましたが、アマチュア時代はそのことに気が付かずに過ごしていました。当時はライブを録音して自分の歌を分析することもあまりやっていなかったので、当然とも言えますが・・・

プロのシンガーとしてお客さんの前で歌うようになってからは、さすがに「このままではいかん!」ということで、録音機を買ってきて毎回のステージを録音~分析に努めました。

そして、毎度のように”フラットしていること”に気付いて愕然とすることになります。もちろん歌っている時は「フラットさせてやろう!」なんて考えていません。自分では正しい音程で歌っているつもりなのですが・・・試しにギター用のチューナーで自分の声を計測してみると、やっぱり僕はどの音も”正しい音より低く”歌うことが癖づいてしまっているようでした。

アマチュア時代の僕は「歌が下手ではない」という自負があり、周りの人からもそれなりの評価を受けていたので、この”常に音程を外して歌っている”という現実を知った時はかなりショックでした。

「心配するな。ほとんどのシンガーはフラット傾向からスタートするのだから」と、周りの先輩方は慰めてくれました。

やっぱり、自分の歌を録音して分析することはとても大切です。音程を含めた自分の歌の間違いに気付くには客観的に聴いて改善するしかありません。ライブの録音を聴くと、そこには残酷なくらいの歌のミスが記録されてしまっています。僕自身、もっと早くに自分の歌を録音する癖を付けていたなら、何年も早く上達できただろうに、と思います。自分の欠点に直面することは辛くストレスのかかることですが、言い換えればそれが進歩への第一歩です。

 

声の音質も影響していた

僕のフラット癖の原因の一つには「声の音質」の問題がありました。

僕はそれまでずっと「喉の位置が低め」「暗くこもったような声」で歌う癖がついており、またそんな声が”自分本来の声”だと認識していました。「声なんか変えられるはずはない」と信じていました)

当時の僕の声は、アンザッツでいうところの「3a」や「4」といった”甘くまろやかな”方向性のものでした。周りにはもっと鋭くハードな声(アンザッツ1や5のような)で歌える人もいましたが、僕にはそういう声は出せないと思い込んでいました。

ただでさえフラット気味な僕の歌は、そんな僕の声質のせいでますますフラットして聴こえていたはずです。

声の音質によって聴き手に与える”音程の感覚”は、微妙に違うものになります。甘くまろやかな声は、鋭くハードな声よりもほんの少し音程が低く聴こえてしまうものです。

僕はフラット傾向のある生徒さんには、まず”声の音質を変える”ことを優先してやってみてもらいます。声に鋭さを加えるとそれだけでフラット傾向は少し改善され、また実際に正確なピッチを生み出すテクニックも会得しやすくなります。

 

対処療法ではなく、根本的な解決が必要

僕の”ピッチ問題”は完全に解決したわけではありませんが、少なくともフラット傾向からは脱出できたと思っています。

僕がフラット癖に悩んだ時、最初に取った方法は「自分で考えているより少し高く歌う」でした。確かにこの方法でフラット傾向は少しは改善されるとは思いますが、あまりお薦めは出来ません。歌詞を伝える・・・リズムに乗る・・・感情を込める・・・そういったことに気を配る余裕が持てなくなり、ただただ「フラットしない」ことが目標になってしまいます。そして、何よりこれは”非音楽的”なやり方です!

やっぱり、声の音質を見直して正しい音程に辿りつくこと・・・また、正しい音程をしっかりはっきりと頭に”思い浮かべること”から改善を目指していく方が良いと思います。

どちらにしても、フラット傾向は必ず改善することができます。

 

後払いオンラインレッスン開講中!お気軽にお問合せください。

 

以上、ご精読ありがとうございました。

筆者のプロフィール、ボイトレへの考え

PAGE TOP