歌上手くなったかも?成長確認のためにカラオケに行って難しいことに挑戦しよう

ボイトレの効果は、本当に徐々に、けれど確実に声の変化として現れてきます。

そうと分かってはいても、時として退屈とさえ感じる毎日の練習に疑問を持ってしまい「この練習、本当に効果あるのかいな?」と考えてしまうこともあるでしょう。一方、練習中の声が明らかに以前と違う!と感じて嬉しくなる時もあります。・・・つまりボイトレとは「一進一退」なものなのです。

そんなボイトレの効果を確かめる手軽な場所は、やっぱり「カラオケ」ですね!

この記事では、日頃のボイトレの効果を確かめるため、ちゃんと喉が成長し声が変わってきていることの”安心を得る”ために、カラオケに行って、敢えて”少し難しいこと”に挑戦する、そんなことについて書いてみたいと思います。

お付き合いください。


敢えて”難しいこと”に挑戦してみて、ボイトレの効果を確認する

かつては歌えなかった曲に挑戦してみる

ボイトレを始める前までは”高嶺の花”だった、自分にとって難しかった歌に挑戦してみましょう!

「歌の難しさ」にもいろいろありますね・・・「キーが高い」「歌詞が多くて息が続かない」「長い歌なので最後には辛くなってくる」等々・・・

そんなおよそ歌に関する全ての”難しさ”は、喉の機能回復が進むことによって必ず”マシに”なっているはずです。

ぜひ、難しい歌を「原曲キーで」「一曲通して」歌ってみてください。

歌に与えられた本来のキーには、その歌に添えられるべきカラーやニュアンスが詰まっているので、本来は「楽だから」という理由で簡単にキーを下げるべきではありません。”たった半音”キーを下げるだけで、意外なほどにその歌の持つ華やかさが失われてしまうものです。キーを下げるとその歌は”まったりと重く”なり、(錯覚ですが)テンポさえ遅くなったように感じることすらあります。

”一曲通して歌える”ことが「その歌を歌える」ということです。出だしだけ、サビだけ歌えても何の意味もありません。喉にとって難しいのは「いかにその音を持続して出せるか、持ち堪えられるか」ということにつきます。例えば”hiC”と呼ばれる高い”ド”の音を突発的に出すことは割と簡単に出来てしまいます。けれど”ド”より低い音でも、持続して出すとなると途端に難しくなります。

 

連続して何曲も歌ってみる

一曲だけとは言わず、連続して何曲も歌ってみてください。

一曲だけ歌ったときには想像もしなかったことが喉の中に起こってくるはずです。これもまた上の項に書いたような「喉の持続性」の難しさの現われであり、ボイトレによる機能回復具合の確認には打ってつけです。

もし二曲目を歌っている途中で苦しくなってきても、決して歌う事をやめないでください。一番を歌い終わるまで、間奏まで・・・何とか喉を立て直しながら、とにかく今の喉の状態で可能な歌い方で完唱してみます。歌は”登り坂ばかりのマラソン”のようなものなので、それに耐えうる喉にしていきたいものです。

あなたがバンドのボーカリストなら、ぜひこの「連続して歌う練習」をたくさんやってください。さらに、曲と曲の間に「会話」を挟んでみてください。ライブでは必ず曲間に(曲紹介などの)MCを話すでしょう。そしてMCの仕事はたいていボーカリストに任されます。「歌声」と「話し声」では、喉の異なった使い方が必要です。ライブ本番を見据えた練習のためにも「会話」を挟むと、難易度はグッと上がります。(そして会話の後、あまり休まずに次の曲を歌い始めてください)

 

マイクの音量を絞って歌ってみる

マイクの音量を小さくすると、途端に自分の出している声に対して確信が持てなくなって、歌が不安定になってくると思います。

「出している音程は合っているんだろうか?」「声が裏返りはしないだろうか?」・・・そんな”疑念”でいっぱいになると思います。

けれど、そんな経験を積むことで喉の感覚を磨き、自分の出している声に対して想像し、耳だけに頼らずに歌う事が出来るようになります。

あなたがバンドのボーカリストなら、この練習は必須です。どんな環境でも歌える力を付けておかないと、あなたの歌声は常にモニター環境やPA技師さんの技量に委ねられてしまいます。

 

飲み物を摂らずに歌ってみる

喉の機能が未熟な人、腹式呼吸などで息の量が強すぎる人や、やたら大きな声で歌う癖がついている人ほど歌う時に頻繁に飲み物が必要になります。(一曲歌っただけで喉が異常に乾く人もいます。)

機能回復が進んだ喉で正しいフォームで歌ったなら、何曲歌っても喉が渇くことはありません。

歌っている最中に飲み物が必要か?は、「腹式呼吸神話」や「声量伝説」から逃れられているか?の大きな目安になります。

かつての僕は飲み物を摂らずに歌う事は難しく、一番酷い時には間奏の間で水分を摂らないと歌の後半を歌えなかったほどです。これは正に腹式呼吸による悪影響でした。強い息で声を張り上げていたので、僕の声帯は常に恐ろしいほどの呼気圧にさらされていました。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

せっかく毎日ボイトレに励んでいるのですから、時々はカラオケに行って歌いましょう!

そして、敢えて少し難しい状況で歌ってみると「ああ、声が変わってきてるんだなあ!」と実感できると思いますよ!

 

以上、ご精読ありがとうございました。

PAGE TOP