【気楽に一曲、歌ってみました】It won’t always be the same 弾き語りに最適なシンプルで明るい歌、オリジナルバージョンを聴いてほしいです。

「気楽に一曲、歌ってみました」カテゴリーでは、その名の通り”気楽に歌った歌唱サンプル”を載せていきたいと考えています。これまでの「歌唱サンプル」はどちらかといえば”頑張って歌った”という印象の歌が多かったのですが、こちらのカテゴリーは、僕が長くレパートリーにしている曲や歌いたい曲、それも割合”気楽に歌える”曲を取り上げていきたいと思います。

なので必ずしも”ボイトレ的分析”を伴わないものになると思いますが、これを読んでくれた人・聴いてくれた人が「ああ、私の知らないこんな素敵な曲があるんだ!」と、その曲のオリジナルバージョンに興味を持っていただければ幸甚です。

僕自身の趣旨としても、とにかく”気楽に”歌うことを心掛けたいと思います。録り直しも出来るだけ少なくしたいと考えていますので「音程、外れてるやないか!」「リズム、走ってるやん!」といったお叱りも出てくるとは思いますが、そのあたりご容赦くださいませ。

 

今回はミレニウムのIt won’t always be the sameを歌ってみました。先に言い訳をすると・・・寝起きに歌ったので、僕の声はヨレヨレのガサガサですが・・・

ミレニウムというグループ、この「It won’t always be the same」が収録されている「ビギン」という名のアルバム1枚しか発表していない、ちょっと”幻のバンド”的なグループです。”コーラスアレンジの魔術師”の異名をとるカート・ベッチャー率いるこのグループの唯一のアルバム「ビギン」は、近年再評価も著しいようで、素晴らしい曲がたくさん並んでいます。けれど何しろ凝りに凝ったサウンドが売り物のアルバムなので、弾き語り向きの曲はこの「It won’t always be the same」しか見つかりませんでした。

今回僕は初めてこの「It won’t always be the same」を歌ってみましたが、シンプルな明るさを持つこの曲、ギターでの弾き語りにピッタリです。オリジナルバージョンにはたくさんの楽器とコーラスが重ねて録音されているので、ぜひそちらをお聴きください。きっとお気に召すと思います!

後払いオンラインレッスン開講中!お気軽にお問合せください。

 

以上、ご精読ありがとうございました。

初回受講の方は、無料体験レッスンをご利用ください。

↓↓↓

無料体験レッスンのお申込み

筆者のプロフィール、ボイトレへの考え

PAGE TOP