マナーが声を抑圧する ~日本人にこそボイトレは必要です~

日本人には「謙虚さ」「控え目」を美とする国民性があります。

謙虚な態度、控え目な言動・・・

人前で大声を出す事をはばかり、外出先でかかってきた電話には手のひらを添えて小声で応対する・・・

素晴らしい国民性だと思いますし、僕は日本人である事を誇りに思います。

しかし、ボイストレーナーとして考えると、その素晴らしいマナーが声を恒常的に抑制していると強く感じます。

日本人は、話し声が相対的にとても小さいと言われています。

僕は京都に住んでいるので、京都の街にやってくる沢山の外国人観光客の人を見る機会が多くあります。

彼らの話し声は、やはりとても大きいのです。

例えて言うなら、「喧嘩でもしているのかな?」と思う程です。

例えばイタリア人はバスや電車の中でもプライバシーそっちのけで、大声で話すそうです。

また、彼らは電車の中で電話が鳴ると普通に出て会話を始めるようです。

もちろん、マナーの問題はありますが、僕たち日本人とイタリア人では出す声のボリューム・トーンに大きな差があることは事実です。

※ここでは便宜上イタリア人を”声の大きな外国人”として書き進めていくことにします。


音楽的伝統によるトーンの違いは?

イタリアは言うまでもなくオペラの国です。

オペラで好まれる声は「喉の位置の低い、深く豊かな声」という特徴があります。

一方、日本の民謡で聴かれる声は「喉の位置の高い、平べったい声」です。

つまり、それぞれの国の人が日常耳にする声の種類は、正反対である事がわかります。

イタリアのオペラでは「喉の位置の高い平べったい声」を”醜”としてきた歴史があります。そして、その美醜の概念をボイストレーニングにまで持ち込んだため、ある一時期のイタリアの声楽教育は間違った方向に行ってしまいました。「喉の位置の高い平べったい声」の持つ、美醜とは別の次元の「訓練価値」まで抹殺していました。

 

それぞれの声の持つボイトレ的訓練価値は

もちろん「喉の位置の低い、深く豊かな声」「喉の位置の高い、平べったい声」も、それぞれに訓練価値を持っています。

ボイストレーニングは喉の筋肉をバランスよく鍛えていく事が大前提となるので、一つの声色のみを訓練することは避けなければなりません。

しかし、もし「どちらか一方だけ」訓練価値の高い方を上げるとするならば、意外にも日本の民謡で聴かれる「喉の位置の高い、平べったい声」という事になります。

「喉の位置の高い、平べったい裏声」を、どれだけ低い音程まで出す事ができるか?は声の自由度の大きな目安となります。

例えば・・・昭和の一コマ、親戚が集まった田舎の家、夕食の宴会で誰からともなく歌い始められるソーラン節、夏の日の縁側で歌われる炭坑節・・・

そんな風景が日本のあちこちで見られたのだと思います。

当然、子供たちはそんな声、つまり「喉の位置の高い、平べったい声」をたくさん聴いて育ったのでしょう。

つまり、日本人も「喉の機能」という観点から考えると、充分に「大きな声が出せる」土壌の上に育ってきたと言えます。

マナーが日本人の声を抑制した

世界基準でみて「マナーの良い」僕たち日本人は、他の国の人たちよりも「声を抑制しすぎている」と感じます。

「え?もう一度言って下さい」と聴き返す場面が毎日、いたるところで見られます。

もし「私、なぜこんなに声が小さいんだろう」と悩まれている方がいれば、それは「肉体的な限界」なのでは決してなく、「マナーによって抑圧された」状態なのだと考えてください。

そして、それは「ボイトレによる喉の機能回復」以前の「マナーからの解放」が必要になります。

そう考えると、ボイストレーニングを最も必要としている国民は、僕たち日本人なのかもしれませんね!

レッスンをしていて、最初は声を抑圧していた生徒さんが、徐々に解放させていく姿を目にします。レッスンの最初と最後で、見違えるほど声のボリュームやトーンが変わってくる人もいます。これは50分のレッスンで喉に何か特別なテクニックが身に付いたのではなく、シンプルに心が解放されたためです。抑圧から解き放つ事は、訓練の前段階として絶対に必要な事です。

ボイストレーニングの対面レッスン、つまり「発声を人に聴かせる、見せる」という行為は「心を解放させやすい」と感じます。「発声する」事は一般的には”恥ずかしい”と感じる事だからです。そういう意味ではボイトレは、ギターやピアノのレッスンよりも生徒さんの”素”の姿が現れやすいとも言えるかもしれません。

 

以上、ご精読ありがとうございました。

筆者のプロフィール、ボイトレへの考え

PAGE TOP