【ボイトレ格言】喉に種をまき、水をやり、花を咲かせましょう

個人的な話で恐縮ですが、僕は毎年6月は色々なイベントや用事が重なる時期です。

もちろん、その間も自分自身のボイストレーニングは毎日続けていますが、その多忙な時期が過ぎた7月は少し「燃え尽き症候群」的な精神状態になってしまう事は否めません。

そういう時は何となく練習にも熱が入らない気がして、惰性でトレーニングしてしまっている感もあります。

まあ、年がら年中みなぎるやる気!という人も少ないと思いますが、この「燃え尽き症候群」期を出来るだけ短く終えて、次のステップへと踏み出して行きたいものです。モチベーションの高い時は誰でも熱を入れて取り組めるものです。問題は、やる気の出ない時にどのように心をコントロールするか?だと思います。

皆さんにも、そんな時期はあるのではないでしょうか?

この記事では、明日から活力あるボイトレ生活を送れるような、名言・格言をいくつかご紹介したいと思います。

お付き合い下さい。


1年目には種をまき、2年目には水をやり、3年目には花を咲かせましょう。

野村克也

元プロ野球選手の野村克也さんは、その卓越した野球理論から監督としての評価も高い人です。

野村さんのこの言葉、しばしば植物に例えられる喉の成長にも置き換える事ができます。

ボイストレーニングとは「喉という畑」に種をまき続け、「声という花」を咲かせるものです。

そして、「毎日練習すること」は「毎日水をやり続けること」です。

育ちかけている芽を決して枯らさないように、継続して水をやり続けて下さい。

 

自分のためにやるからこそ、それがチームのためになるんであって、「チームのために」なんて言うやつは言い訳するからね。オレは監督としても、自分のためにやってる人が結果的にチームのためになると思う。自分のためにやる人がね、一番、自分に厳しいですよ。

王貞治

世界のホームランキング・王さんも監督としての評価も高い人です。

王さんのこの言葉、バンドで演奏する事に置き換えてみると、ビックリするほどピッタリと当てはまります。

ギタリストもドラマーもベーシストも、そしてシンガーも、皆自分自身の為に練習して、自分自身の技術や音楽的感性を磨くことが最も大切な事です。

いくら「バンドはアンサンブルだ!」と理屈を言ってみても、それぞれの個人技のレベルがあまりにも低いと、アンサンブルも何もあったものではありません。

バンドで歌うシンガーは、自分自身のために黙々とトレーニングする事が、結局はバンドの音楽的土台を押し上げる事になります。

そして、この「自分自身のために黙々とトレーニングする事」を「継続する事」は、とても難しいことなのです。

逆にいうと、「難しいこと」だからこそチャンスがあるのだと思います。皆がやらない事をただ黙々と続けるだけで「勝てる」という事だと思います。

 

止まりさえしなければ、どんなにゆっくりでも進めばよい。

孔子

儒家の始祖・孔子の言葉です。

ボイストレーニングでも一番避けてほしいのは「止まる」事です。

例えば「自分のアンザッツが正しいか分からなかったら、練習しませんでした」、これはあんまり良くありません。

間違った方法でも、とにかく何かをやってきてさえくれれば、レッスンでそれを正す事も出来ます。

レッスンを受けている方は、自主練習ではとにかく声をたくさん出して来て下さい。少しぐらい方向性がズレていても、次のレッスンで微調整してもらえば良いと思います。そのためのトレーナーなのですから!

 

野球が大好きでした。
こんな好きなことを一日たりとも休めますか。

衣笠祥雄

元祖鉄人・衣笠祥雄さんのこの言葉、僕はとても好きです!

試合に出る事も、練習する事も休もうとしなかった衣笠さんに、誰かが「どうして休まないのですか?なぜ、毎日やり続けられるのですか?」と聞いたのでしょう。

この質問に対する衣笠さんの返答が、この言葉です。

「好き」であることは、継続するために最も必要な事なのかもしれません。

何年か先に起こる自分の声の変化に期待して、毎日少しずつボイトレしている皆さんや僕、誰かが「なぜ、毎日やり続けられるのですか?」と聞いてきたらこう言ってあげましょう!

「私はボイトレが大好きなんです。こんな好きなことを一日たりとも休めますか。

 

疲れちょると思案がどうしても滅入る。よう寝足ると猛然と自信がわく。

坂本龍馬

坂本龍馬のこの言葉、現実的な意味でとても参考になります。

僕も睡眠はたくさん摂らないとダメです。集中出来ないんです。

そして、確かに睡眠不足だとマイナス思考になったり注意散漫になったりします。

「質の良い睡眠を出来るだけたくさん」・・・全てのスキルアップの大前提ともいえると思います。

 

いかがだったでしょうか?

ボイトレにも意欲の浮き沈みがあるので、僕はこういった格言の力を借りることはよくあります。

まあ、誰もが「継続は力なり」「未来は自分で作るもの」的な事を言っているに過ぎないのですが、それぞれ表現に個性があって、やっぱり実績がある人でも苦労して努力しているんだなあと、しみじみ思います。

 

ご精読ありがとうございました。

PAGE TOP