自宅とカラオケでは、同じ曲でもキーを変えないと歌えない?

「司会を仰せつかったのは良いが、緊張で声が上ずった」「会議のプレゼンで、しどろもどろになってしまった」「練習では上手く歌えたのに、ライブでは成果が発揮出来なかった」・・・

本当に、声を練習通りの状態で出す事は難しいものです。

僕自身も「ああ、練習の調子のまま本番で歌えたら、一流歌手のレベルなのに!」と、何度考えたか分かりません。

「練習と本番の出来の差」・・・この問題はボイトレを始めたばかり人も、ベテランの学習者でも、同様に悩みの種なのではないでしょうか?僕たちが共通して目指すのはやはり「練習での声の質を最大限に上げる」という事です。それに準じて本番の出来も変わってくると思います。ただし、練習そのままの調子で本番も歌うというのは、中々実現しそうにありません。

それに加えてほとんどの場合、練習と本番とでは周りの環境がまるで違うので、その影響も受けることでしょう。

例えば、会議の席でのプレゼン・・・他の人のひそひそ話が聴こえてくるだけで、声の調子はグッと悪くなるのかもしれません。

 

さて、友人の一人からこんな質問を受けました。

自宅でCDに合わせて歌ったらギリギリ歌える曲が、カラオケボックスではキーをひとつ落とさないと歌えない曲がある。

同じ曲のはずやのに、なんでなんやろ?(原文のまま)

この友人は音楽がとても好き・歌う事がとても好きな人です。

さて、この記事では、彼が持つこんな疑問に答えてみたいと思います。

お付き合い下さい。


「自宅とカラオケボックス」の違い

自宅とカラオケボックスでの大きな違いは「マイクを使うか否か」です。

普段話している自分の声は「振動も含めて」認知しているのですが、一方マイクを通してスピーカーから聴こえてくる自分の声は「耳からの情報」のみです。

この「自分の声の認知の仕方の違い」は、歌い易さに大きな影響を与えます。

その辺りを詳しく解説した別の記事があるので、是非参考にしてください。

 

「CDとカラオケ伴奏」の違い

音量の問題は歌い易さに大きく関係しています。

自宅ではCDに合わせて歌っているという事なので、それほど大きな音量は出ていないだろうと思います。

一方、カラオケの伴奏はそれに比べて大音量です。

カラオケボックスのマイクや伴奏のボリュームにデフォルトの設定があるのかどうかは分かりませんが、僕は、カラオケボックスの部屋に入るといつも「随分大きな音量だな!」と感じます。カラオケボックスは隣の部屋の音も相当音漏れしてくるので、自分の部屋の音量もそれに合わせて上げざるを得ないのでしょうか。

マイク・伴奏共に、大きすぎる音量は歌い辛さの原因になります。

 

声量や息の強さが変わってしまっている

大きすぎる声量や強すぎる息は、声の自由を奪ってしまいます。

声量が上がり過ぎる・息が強くなり過ぎる原因は「力み」です。

この友人の場合「カラオケボックスだとキーを下げないと歌えない」という事なので、「力み」によって声量が上がり息が強くなり過ぎている可能性が高いです。

反対に家でCDに合わせて歌っている時は伴奏の音量も小さいので声量は上がらず、「力み」もないので息の量も適正なのでしょう。

息の強さ・声の大きさで音程を稼ぐ癖のある人、つまり音程が高くなればなるほど声が大きく太くなってしまう人は要注意です。声帯が常に傷めつけられている上に、喉の自由が完全に奪われた状態です。厳しい言い方ですが、このままでは上手くなる可能性は閉ざされたままです。フィジカル的にもメンタル的にも「喉だけに仕事をさせる癖」を徹底的につけていく事をしなければなりません。そうすると今までとは真逆の感覚での発声、つまり「音程が高くなればなるほど声を小さく細くする」事が可能になり、劇的に喉が自由になります。

 

解決策

この友人へのアドバイスは以下の点です。

カラオケボックスで歌う時に、自分の声・伴奏共、音量を抑える

 

どの程度まで音量を抑えるかというと「家で歌っている時と、同じ状態で歌える程度」という事になります。

ただ、せっかくカラオケボックスに行ったのに、あんまり小さな声で恐る恐る歌うのもね・・・なので、伴奏の音を「大きすぎない」程度には絞り、それに合わせて声量も落とした方が良いでしょう。

そして「力まない」「息を強くし過ぎない」事を意識すると良いと思います。(これらは「声量を上げ過ぎない」事とほぼイコールです)

さらに・・・

「音程が高くなればなるほど、声を細く小さくする」意識を持つ

そうする事で高い音域で裏声の力を借りる事が出来ます。

自分の声を「低い音程=太い、高い音程=細い」という「先細りする円錐」のようなビジュアルイメージに置き換えてみても良いかもしれません。

とにかく「太く大きいまま」高い音程を歌う事をやめる事が大切です。

 

まとめ

今回の、僕の友人からの相談のように「練習通りに歌えない」事には必ず原因があり、それは解決が可能です。

例えば「音程がとれる時と、とれない時がある」という人のように、「出来る時もある」ことの対処は必ず可能です!

「一度でも出来た」と「全く出来ない」では、対処の方法も難易度も全然違うものになるでしょう。

そして、この友人のように「声量」や「息の強さ」で高い音域を歌う癖を持つ人は本当に多いのですが、ボイストレーニングをする事でもちろん解決します。

 

以上、ご精読ありがとうございました。

PAGE TOP