カラオケで上手く歌う方法

他の部屋から漏れてくる歌声、深いエコー・・・

カラオケには独特の環境要因があります。

そして、上手い人はカラオケでもやっぱり上手いです!

今回は、カラオケで上手く歌う方法・下手に聴こえない方法を考えてみたいと思います。

お付き合い下さい。


エコー(リバーブ)を抑えめにする

深いエコー(リバーブ)はカラオケの代名詞です。

おそらくエコーを深くかけた方が、音がぼんやりとするので「上手く聴こえるのだろう」という事で、カラオケにはエコーが付き物になったのでしょう。

しかし、どうでしょうか?エコーを深くかけて音をぼやかしたら、はたして歌は上手く聴こえるのでしょうか?

決してそんな事は無いと思います。

カラオケでは何を頼りに自分の声を聴き分けていくか?

それは「聴覚フィードバック」、つまり「自分の耳に届く自分の声」を頼りに次に出す声を予想していく、こういう動作を無意識に連続して行ないながら歌っていきます。

そしてその「自分の耳に届く自分の声」はハッキリとしていて明確な方が、次に出す自分の音を想像しやすいです。(これらの作業は無意識に瞬時におこなわれます)

つまり「純粋な自分の声」を聴く方が、きっと歌い易いはずです。

深いエコーがかかった音は聴覚フィードバックを曖昧にしてしまうだけなので、エコーを浅めに調整しましょう。

ライブハウスなどで、自分の声があまり聴こえない環境で歌う時は、聴覚フィードバックよりも「響きの一部を捉える」「喉の感覚で音程を想像する」という事を強いられる事があります。そして、聴覚フィードバックに頼らず歌う事は、より多くの経験と想像力を必要とします。

 

伴奏の音量・自分の声量も抑えめにする

大きな伴奏に合わせて歌おうとすると必要以上の声量を出してしまいます。

そして、過剰に声量を上げると上手く歌える可能性は低くなってしまいます。

試しに、隣の部屋から聴こえてくる大きすぎる声量の歌に耳を傾けてみて下さい。

きっと、高音は苦しそうになって、歌の後半は疲れていらっしゃると思います。

幸い、カラオケはマイクを使う事が出来るので、「マイクがあるから声は大きくなくていいや!」という意気込みで丁度いいくらいです。

マイクのボリュームもあまり大きくない方が良いです。大きすぎる聴覚フィードバックで自分の声に埋もれた状態で歌うと、音程が少し低くなる(フラットする)傾向が出てしまいます。

 

その場にいる一番上手い人の真似をする

もし、歌の上手な人と一緒にその部屋にいるなら、その人の歌う姿・声量などを良く見て下さい。

きっと、あまり大きくない声で、ゆったりした自然な姿勢で歌っていらっしゃると思います。

皆がお腹に力を込めて精いっぱいう歌っているのに、その人はソファにずり腰で座ったまま歌うかもしれません。

喉はびっくりするほど「頭で想像した事」の影響を受けます。

是非、「その場にいる一番上手い人」の姿と声を強くイメージして模倣してみて下さい。

その人の歌い方まで模倣する必要はありません。あくまでも、歌っている姿の自然さ・発声の無理の無さをイメージしてみて下さい。喉は即座に影響を受けて、きっと自然な歌が歌える大きな手助けとなるはずです。

 

歌詞をしっかり発音する

歌詞をしっかり発音する事とは、「母音をはっきり歌う事」という意味です。

母音をはっきり歌う事で多くのメリットがあります。

例えば・・・

  • 歌が走らない(早くなってしまわない)
  • 音程がフラットしない
  • 歌全体の整合性がとれる

逆に歌詞を適当に歌って得られるメリットは何もありません。

 

わざとらしい装飾をやめる

装飾とは「しゃくり」「ビブラート」「必要以上のロングトーン」などです。

歌にとって装飾は「過ぎたるは猶及ばざるが如し」です。

やり過ぎはいけません。

ビブラートなどは、自然に湧き出た程度に留めるべきであり、無理にやろうとするとトレモロ(細かすぎる震えたようなビブラート)になってしまい、印象が悪いです。

そして、「装飾を施した歌=上手い歌」では決してありません。

ストレートで飾り気のない歌い方の方が、曲の良さを明確に表現できる場合も多々あります。

最後の音をやたらと伸ばす人がいますが、あれはどうでしょうか・・・少なくとも押しつけがましい印象を与えてしまうとは思います。その日のカラオケで、皆が自分の歌に装飾を施そうとするならば、あなたは、逆に凄く控えめな表現をしてはどうでしょうか?きっと、自然で際立って聴こえると思います。

 

まとめ

カラオケに限らず、大きすぎる声・やりすぎたビブラートなどの装飾は、むしろ押しつけがましく下手な印象を与えてしまいます。

もし、皆がそういう方向で攻めてくるなら、こっちは「控えめな」表現で勝負するのも一案です。

そして、あなたの周りにいる歌の上手い人は、その中の誰よりも自然に歌っているはずです。

いつ何時でも、お手本がある時は遠慮なく模倣させてもらいましょう。

模倣は上達への近道です。

きっとあなたの喉は、少しだけ歌い易い状態に調整されると思います。

後払いオンラインレッスン開講中!お気軽にお問合せください。

 

以上、ご精読ありがとうございました。

初回受講の方は、無料体験レッスンをご利用ください。

↓↓↓

無料体験レッスンのお申込み

筆者のプロフィール、ボイトレへの考え

PAGE TOP