上手く歌いたいなら歌詞を暗記しよう!母音のために、ピッチ・音程を外さないために!

この記事のタイトルを読んで「当たり前やんか!」と思われたでしょうか?

そうですね!当たり前のことですが、この「歌詞を暗記する」ことは上手く歌うためには想像以上に重要なことなのです。

とはいえ、僕も自分のライブで全ての歌詞を暗記出来ているかと問われると・・・全然出来ていません!特に最近覚えた歌なんかは歌詞を覚えるのにとても骨を折っています。昔覚えた曲の歌詞は、それこそ”忘れようとしても忘れない”ほど身体に染み込んでいますが・・・やっぱり若い頃は”脳みそが柔らかい”のでしょうか?(笑)最近は歌詞の暗記にも苦労し通しです!現状の僕は、ライブで歌詞を見ながら歌う曲も多くなってきています。反省しなければいけません!

さて、この記事では「歌詞を暗記する」ことで起こる想像以上のメリットなどについて書いてみたいと思います。

お付き合いください。


「耳」と「喉の感覚」だけを頼りにしたい!

歌う時に集中したいこととは?・・・

まずは、伴奏の音や自分の声などを聴くために「耳」の感覚を研ぎ澄ます必要があります。ライブで歌うならバンドの楽器の音、カラオケならスピーカーから流れてくる伴奏の音を集中して聴かなければなりません。

もちろん「自分の歌声」も耳から入ってきます。けれど自分の歌声をあまりに大きな音で聴くことに僕は賛成しません。やはり一番聴くべきは伴奏の音です。

 

それから、自分が歌っている時の「喉の感覚」についても集中したいものです。この音質の声が出ている時の喉はこんな感じ・・・この音程の声の時はこんな状態・・・「喉の感覚」は訓練によって育ってきます。こと自分の声に関してはこの「喉の感覚」を研ぎ澄ましていくことはとても大切です。

美空ひばりは”自分の声を聴かずとも”歌えたと言われています。つまり伴奏だけを聴いて、自分の歌声は「喉の感覚」を頼りに歌ったことになります。そんな神業には中々到達できませんが、「喉の感覚」は訓練することで少しずつ目覚めてくるはずです。

 

シンプルに考えて、歌詞を見ながら歌うと「注意が分散」します!

シンプルに単純に考えて、歌詞を読みながら・気にしながら歌うことは集中を欠き、注意が分散してしまいます。

耳で伴奏を聴き、自分の歌声を喉で感じ・・・その上に歌詞を目で追うのですから!

これではちょっと仕事が多すぎます!ただでさえ歌は難しいのですから!

 

音楽は”先読み”が大切です。歌が後手後手になります

音楽を演奏する時は、その曲の流れや構成を把握し、ゴールを見据えて進んでいかなければなりません。その曲の”図面”を頭にいれておかないと、曲の途中で現れるたくさんの山場を処理しながら、最後に上手く着地することは難しくなります。

歌詞を目で追いながら歌うということは「今起こっていることだけに気を配る」という事です。いや、”今起こっていること”どころか、ついには後手後手の対応になるのがオチです。”先読み”とは正反対のことをしながら歌っているのですから。

 

母音を正しく発声するためには、歌詞の暗記は必須です

次の2種類の方法で歌の一節を歌ってみてください。

  1. これから歌うフレーズの”母音”を頭に描いてから歌い始める
  2. 何も考えずに闇雲に歌い始める

いかがでしょうか?きっと(1.)の方が上手くスムーズに歌えるのではないでしょうか?

母音を頭に描いてから歌うことで、正しい母音の音を発声することができます。「母音を正しく発声すること」は、上手く歌うためには必ず必要なことです。母音を意識して、母音を正しく響かせて歌うことで音程が合いやすく、地声と裏声がブレンドされやすくなります。つまりは良いこと尽くしなのです!

ただし、母音を正しく発声するためには歌詞を暗記していなければなりません。これは当たり前のことですね!歌詞を目で追っていたのでは母音を頭に描くことも、正しく響かせることも難しいはずです。

出したい母音を、例えば「ア」の音を頭にイメージするだけで、喉は「ア」の音を出すための最適な状態に調整される、とさえ言われます。とても不思議な事ですが、僕は人間の喉にはそんな能力があると信じています。喉とはなんて神秘的なのでしょう!

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

「母音を正しく発声するため」「曲を先読みするため」・・・色々と書いてきましたが、何よりも”喉・声のことだけに集中する”ためには他の不必要なことに注意を奪われたくない!というとてもシンプルな考えからも、歌詞の暗記は必要なことだと思います。

僕くらいの年齢(47歳です)になると、新しく何かを覚えるということ自体が難しくなってきますが(笑)・・・

僕も歌詞の暗記の重要さを改めて理解し、出来るだけ暗記して、喉や声の事だけに集中して歌いたいものです・・・

 

以上、ご精読ありがとうございました。

PAGE TOP