ボイストレーニングに行き詰まった時。音程の概念を捨てる、楽しく大胆に!

「ボイトレのモチベーションが低下している」「練習が楽しくない」

誰にでも訪れる倦怠期です。

皆さんなら、そんな時にはどうしますか?

  • しばらく練習を休んでみる
  • 練習のメニューを変えてみる
  • ボイトレなんて辞めてしまう

色々な選択肢があると思います。

こんな時は少し大胆に、楽しく、停滞気味のボイトレ生活をリフレッシュしてみましょう。

皆さんの中で、「声を使う事を職業にしている人」は僅かな人数だと思います。その他の大多数の方にとってのボイストレーニングなんて、やってもやらなくても生活基盤には影響を与えません。むしろだからこそ、ボイトレにしがみ付いてほしいと思います!もしも「一度練習を休む」という選択をしてしまうと、多分ずっとやらなくなります。なのでここから先は「辞めずに・休まずに」練習を続ける事を前提として書いていきたいと思います。

こんな試みはいかがでしょうか?・・・

音程の概念を捨ててみる

「ファまでは地声で、そこから上は裏声が混ざってくるなあ」「高いミから裏声を半音ずつ下げてみようか」・・・

ボイストレーニングは一般的には音程によって束縛された状態で行います。

モチベーションが下がっている時は、いっそのこと音程なんて忘れてしまいましょう!

具体的にはキーボードを使った練習をやめてみます。

キーボードを使っての練習では、無意識に音程をしっかり合わせようとしてしまいます。そして自分でキーボードを弾きながら練習をしている時は手元を見ると「次はファだな!そろそろ地声では苦しいぞ!」と雑念が入ります。音程を意識することは、時としてトレーニングの弊害となってしまいます。

ふざけて遊んでみましょう!

例えば・・・

  • 人を冷やかす時に出す「ヒューヒュー♪」の声を、高く大きく出してみる。
  • ゴリラの物真似をする。
  • 歪んだエレキギターの音色を真似てみる。

奇声には驚くような訓練価値があるので、思い切って叫んでみましょう!

ただし、場所は選んでくださいね(笑)

 

声のビフォーアフターを検証してみる

ボイトレを始める以前に録ったカラオケやライブの音源はありませんか?

あれば、引っ張り出してきて、今の声と比べてみましょう。

きっと何か変わっているはずです。

そして、昔の音源と同じ歌を歌ってみるのも良いですね。

音源では苦しそうだった箇所が、楽に歌えるかもしれません。

ボイストレーニングの成長の実感は、意外に自分では分かりにくいと思います。ビフォーアフター検証を時々やってみると練習のモチベーションを保てます。ボイトレを始める時は、現状の声を何か録音しておくと後々役に立ちます。

 

カラオケやライブ等の予定を入れてしまう

説明は不要だと思います。

予定が入っていれば練習にも熱が入るでしょう。

僕はずっと先のライブの予定を出来るだけ決めるようにしています。そして、練習のモチベーションを保つために、カバー曲を選曲するならば少し難しめの曲を選んでおくようにします。3ヶ月後のライブであれば、毎日練習すれば声の成長は必ず見込めるので、その難曲にも手が届くかもしれません。

誰でも、いつ発表出来るか分からない歌の為に練習を続けるのは難しいと思います。

ぜひ、積極的に発表の予定を入れて下さい。


以上が練習に行き詰まった時の僕からの提案です。

つまり、絶対休んだり辞めたりしないで下さい!続けてさえいれば、いつかまたやる気が出てくる時があるよ!というスタンスです。

1000記事を超えるブログを書き続けている人が言っていました。「とにかく毎日書き続ける事。毎日書くことを目標にする事。記事の良し悪し、文字数なんか気にしちゃいけない。特にブログ初心者ならなおさらだ。1000記事も書くと書き方が分かってきて、ほっといても質の高い記事を短時間で書けるようになってくる。後で読み返してみて、まずい箇所があれば直せばいいのだから。」

ボイトレも同じです。

雨の日も晴れの日も、少しだけ練習する。

今出している声は正しいか?と、考え過ぎない方がいい。大まかなベクトルさえ合っていれば良い。

レッスンを受けているのなら、先生が軌道修正してくれるはずです。

やる気の有無・モチベーションの浮き沈みは誰にでも、どんな練習にも付き物です。

また、やり始めの時のようなフレッシュな気持ちを甦らせる工夫をしてみて下さい。

きっと「乗り越えて良かった」と思える日がくると思います。

 

以上ご精読ありがとうございました。

 

PAGE TOP