発声練習では必ずビブラートをかける、「音を揺らす」事が喉を育てる

さて、皆さんは発声練習で出す声にビブラートをかけていますか?

ボイトレ独習本の発声サンプルなどには、必ずと言っていいほど、全ての声にビブラートがかかっています。

そして、レッスンを受けている人は、先生のデモンストレーション発声にはいつもビブラートがかけられている事にも気付くと思います。

「キーボードを弾く先生」「音階を歌う生徒」、そして「先生の出す声にはビブラートがかかっている」・・・これらは所謂「ボイストレーニングレッスンの1場面」の典型的な描写なのではないでしょうか?

今回の記事では「発声練習で出す声にビブラートは必要か?」「なぜ、ビブラートをかける事が推奨されるのか?」について書いてみたいと思います。

お付き合い下さい。


結論・・・発声練習では必ずビブラートをかけて下さい。

音を揺らせられるか?つまり、音程を上下させることが出来るか?は、そのまま喉の自由度を測るモノサシになります。

なので、発声練習で出す声には必ずビブラートをかける事が推奨されます。

おそらくデモンストレーション発声では、先生はたっぷりとビブラートをかけていると思います。

生徒さんは、このビブラートなどの「音の動かし方」も含めて真似る必要があります。

仮に指示されなくても、そんなところまで模倣して声を出すようにして下さい。

ボイストレーニングにおいて「真似る」事は本当に重要です。喉の筋肉の名称や動き云々の理屈を知らなくても、とにかく、デモンストレーションを良く聴いて真似る!・・・レッスンで最も大切な事です。

 

大きな揺れ・小さな揺れ・・・色々試してみてください。

上で書いたように「音を上下させることが出来る=喉の自在性が高い」といえますが、さらに上のレベルを求めていきましょう。

それは「音の揺れ幅・スピード等をコントロールする」事です。

気持ちの良い理想的なビブラートに始まり、大きく波打つような揺れ・小さく小刻みな揺れ・・・

また、ビブラートのスピードも遅くしたり早くしたり、いろいろ試してみて下さい。

音を下に揺らす・上に揺らすなどのバリエーションもやってみると良いと思います。

とにかく、考えられる色々な揺れの形・スピード・波形を何でもいろいろやってみましょう。

ストレートトーンで始めて→大きく揺らし→小刻みに揺らし→最後はストレートトーンで締める!こんな複雑な動きでやってみても面白いと思います。

とても小刻みな揺れは「トレモロ」と呼ばれ、クラシックでは「不健康な声の現れ」であると忌み嫌われていました。しかし、この「トレモロ」でさえいつでもやって見せる事ができる・・・これは、本当の意味での「喉の自在性」の追求だといえるでしょう。

もしビブラートがかからなくても、「音を揺らす」ように努めてください

ボイトレを始めたばかりの人には、まだビブラートがかけられない人もいるでしょう。

それでも大丈夫です。「とにかくビブラートをかけよう!音を揺らそう!」と努力してください。

ビブラートは「出来るようになってから」と考えるのではなく、「とにかく音を揺らす」ように癖づける事で、その芽が生まれてきます。

ノンビブラートのストレートトーンで歌うシンガーが「喉の自在性が低い」わけでは決してありません。彼らは、美意識として「ストレートトーン」を選択しているだけです。「出来ない」ことと「出来るけどやらない」事は全く違います。

「音を揺らす」事は、あくまでも喉だけを使って行なってください。呼吸を意識して揺らそうとしたり、お腹や横隔膜でビブラートをかけようとしないで下さい。他の事と同じように、音を揺らす事も「喉の仕事」です。

 

「自在性の高い喉」が音を揺らし、音を揺らす事が「喉の自在性」を高める

音を揺らす事は「喉の自在性の現れ」ですが、逆に「喉の自在性」は音を揺らそうとすることによって、どんどん育まれていきます。

つまり、音を揺らそう・ビブラートをかけようと喉に働きかける事が、結果的には「ビブラートがかけられる喉」を作っていきます。

そういう意味でも、発声練習では全ての音にビブラートをかける事が推奨されています。

上記のような相互作用は、喉の神秘的な面の一つです。なので練習で出す声といえども母音や響きを含めた、可能な限りの「正しい声」を求めていく事はとても大切です。そうすればするほど喉は「正しい声を出す状態に調整される」のですから。

 

まとめ

サンプル音源や模範発声の声の全てにビブラートがかけられているのは、上記のような理由からです。

またボイストレーニングで出す声は、あくまでも「より高い訓練価値」を求めてのものなので、「あんなオペラみたいなビブラートは、僕は使わない!」等といった「美意識」とは無縁のものです。

発声練習では、ぜひ音をバリエーション豊かに揺らしてみて喉の自在性を確かめ、また更にその上の自在性を獲得するようにして下さい。

 

以上、ご精読ありがとうございました。

PAGE TOP