「不自然に歌い」、そして「自然に歌う」。”苦手克服”と”喉のリラックス”

「リラックスした喉で歌う」・・・これは誰もが目指すことなのですが、未開発の喉では中々難しいのが現状です。

そもそも”リラックス”とは、人から言われたり自分で意識したりして出来るものではありませんね!むしろ「リラックスしなければ!」「リラックスしなさい!」そういった自意識やアドバイスは更なる緊張を生むことも多いのです。

とはいえ、頭では分かっていてもつい口走ってしまいますね、”リラックスして!”と!

ボイストレーナーとして、生徒さんのライブや発表会の応援に行く機会があります。出番直前で緊張している生徒さんに向かって、私はやっぱり「リラックスしてね!」と言ってしまいます・・・

”リラックスした喉”は、ボイトレをして喉の機能回復を進めることによって”のみ”実現可能です。極端にいうと「歩く」「箸でご飯を食べる」・・・そんな時に緊張しないのとおなじように「歌う」時にも緊張しない状態にまで喉の機能が回復する、そんな境地を目指さないといけません。

私は「”歌うこと”は、人間本来の能力である(フースラー)」という前提の下でボイストレーニングを行ないます。だから「歩くこと」と「歌うこと」は同じ範疇にある能力です。人間は”歩ける生き物”であり、”歌える生き物”なのです。

さて先日、ある生徒さんのレッスンで以下のような方法を試してもらったところ上手くいきましたので、ちょっとご紹介したいと思います。

誰でもカラオケでできることなので”お手軽ボイトレ”の一つとして、是非お試しください。


女性に多い「地声と裏声の混合」「地声が弱い」

上に書いた生徒さん(女性)、強い声が出せないことが悩みの種です。確かに話し声もソフトな感じであまり力強さは感じられません。音程などはしっかりと取れている人ですが、半音階のスケールを歌ってもらうと地声から裏声に繋がってしまっています。これは一見理想的な声にも思えますが、実際には地声と裏声は不適切に繋がって”しまって”いるため、本人さんは会話にも歌にも不自由さを感じているようです。こういった声の特徴(地声と裏声が分離していない)は圧倒的に女性に多いのです。

さてこの生徒さんは「声区の分離」「地声の強化」という視点で練習を頑張っています。なのでボイトレのプロセス上、課題曲を”出来るだけ地声で張り上げて”歌ってもらうこともやってもらっています。

けれど、この”張り上げ歌唱”は肉体的に少々きつく、続けてやると喉を傷める可能性もあります。

ということで、辛い練習ばかりでもなんなので、ある日のレッスンでは以下のようなことを試してもらいました。

 

訓練効果の高い歌い方で歌う→ストレスが溜まる

この生徒さんにとって訓練効果の高い歌い方とは「可能な音程は出来るだけ地声で頑張る!」、そんな歌い方です。とにかく声が裏返っても良いので”声を押し出す”くらいの気持ちで、とにかく豊かに大きく歌ってもらいます。この生徒さんにとってはとても「不自然な歌い方」なはずです。

同時に地声で届かない高音は「完全な裏声」で歌う事も徹底してもらいました。この生徒さんのようなタイプは低音から高音までを”ミックスボイスっぽく”歌うことが癖づいています。それを絶対にやらずに低音は思いっきり地声っぽく、高音は思いっきり裏声っぽく、はっきりと”分離させて”歌います。

「今の音は地声か裏声か?」と聴かれたら、どちらかハッキリと答えられるような、感覚的にもしっかり分けて出せるようになることを目指します。(”ラ”までは地声で歌う、それ以上の音は裏声で!と音程の境界線を決めてもいいでしょう)

 

気持ちよく、歌いたいように自然に歌う→リラックスした喉につながる

上に書いたような”がんじがらめの不自然な歌い方”をやった後は、今度は「全ての音を”自分が出せる一番きれいな声”で埋め尽くすように」歌ってもらいます。

全ての音を最高の声で・・・こんなことができれば苦労はしないのですが、少なくともそういう意気込みでゆっくりと一音一音丁寧に歌います。

そうすると上手く歌えない音に交じって、とても心地よい声が何音か発声されるはずです。そんな”心地よい声”を出している瞬間こそ「リラックスした喉」で歌っている状態です。

上手く歌えない音・心地よく響かない音は、今の喉の未熟さがそのまま現れています。これからボイトレを進めていくと、そんな”心地よく響く音”がどんどん増えてくるはずです。

上手に歌うためには「声帯は息の力によって振動させられている」という先入観を、出来る限り取り払うことが大切です。本当に自由に・楽に発声できている時は、あたかも「声帯自身が自分で歌声を作り出している」ような実感を得られます。昔から続いている伝統的なボイストレーニングのやり方では、この「声帯が自分で歌声を作り出している」という”声帯の自己発動感覚”が重要視されていました。これが、今でいうところの「完全にリラックスした喉で歌う感覚」へと、言い回しが変わってきたのでしょう。

また、自分が次に歌う歌詞(母音)を頭に思い描くことも「リラックスした喉」のためには大切なことです。喉は「頭に思い描いた母音に対して反応して、その母音が出しやすいように自動的に形を変える」とさえ言われています。素晴らしい機能ですね!

 

逆の順番でやらないようにしてください!

最初に自然に自由に歌った後、訓練効果は高いが不自然な歌い方をする・・・つまり、逆の手順は止めておいた方が良いでしょう。

がんじがらめでストレスを感じながら歌った後に、自然に自由に最高の響きを求めて歌う・・・そんな心理的な”解放感”も、リラックスした喉を感じるために一役買っているのです。つまり不自然な歌い方によって精神的な負荷がかかっているからです。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

もちろん「自分に必要な訓練」を念頭において試してくださいね!

例えば、裏声が弱い人ならば全編裏声ばかりで歌ってみると良いでしょう。

どちらにしても訓練効果の高い歌い方をするとストレスを感じるものです。苦手な歌い方だからこそ効果があるのですから。

そして「リラックスした喉で歌う」・・・ボイトレの究極の目標の一つを部分的にも体験できることができれば、それはとても貴重な事です。

 

以上、ご精読ありがとうございました。

初回受講の方は、無料体験レッスンをご利用ください。

↓↓↓

無料体験レッスンのお申込み

筆者のプロフィール、ボイトレへの考え

PAGE TOP