声区、音程・・・上手くいかない時は正反対の声から攻めてみる

ボイストレーニングをしていて行き詰まり、足踏みして、どうにも抜け出せない時があります。

それは技術的にもモチベーション的にも、周期的に訪れてくるように思います。

そんな時、目先を変えて「反対側」から攻めてみると、案外簡単に問題が解決したりします。

ここでは、具体例をいくつか挙げて書いてみたいと思います。

お付き合い下さい。


反対側の「声区」を訓練する

ボイストレーニングの根幹、特に初期段階で最も重要な事は「裏声と地声の分離」であることは再三書いてきました。

「声区」とは声の区分・区別の事を指します。

つまり裏声、地声はそれぞれ「異なる声区」という事になります。

この「声区の分離」、一般的には「ボイトレなんか全然やった事のない男性」ではそれほど難しくはありませんが、「独学でボイトレしてきた人」「ずっと歌ってきた人」「ソフトに話す傾向の女性」では、とても手間のかかるプロセスとなります。

なぜなら、これらの人の声区は「不適切に混ざり合っている」からです。

つまり裏声を出そうとしても地声が混ざってしまうのです。

高い音域を歌って「声が裏返ってしまう人は」ボイトレをスタートさせる状態としては決して悪くありません。

 

レッスンでも、初心者にはこの「声区の分離」を、かなりしつこく指導し、特に「純粋な裏声を出す」練習に多くの時間を割きます。

そんな「裏声を出すと地声が混ざってしまう」人、何度やっても「裏声のみの抽出が難しい」場合は、レッスンの当面の目的を「純粋な地声を出す事」という風に置き換えてみます。

例えば、普段の会話の声を「意識して少し強く太く出す」ようにもしてもらい、一定期間「地声」にスポットを当ててみます。

毎日の会話の積み重ねはとても大きいものなので、徹底的に「純粋な地声」を日常的に目指してもらい、反対側から攻めて「純粋な裏声」が自然に出てきやすくします。

つまり「裏声を純粋にするために、地声の純粋さを高めることによって”地声を裏声から切り離す”」という方向に練習を切り替えるのです。

 

「融合」するために「分離」する

人間の声は本来的には2つに別れておらず、元々一本化したものだったと言われています。

しかし、現実的には「裏声」と「地声」に別れてしまっているので、その両者を「融合」する事がボイトレの大きな目的です。

ボイストレーニングのプロセスは必ず「声区の分離」→「声区の強化」→「声区の再融合」という手順を踏まなければならないのですが、この「声区の再融合」のプロセスに入っていて、その訓練をしている時でさえ「声区の分離」を頭の片隅においておかなければなりません。

僕は、ライブ前に「今日はとても調子が悪いなあ、喉が疲れているなあ」と感じた時、「声区の分離」のプロセスに戻り、その練習を徹底的にやる事にしています。

ライブで歌うには「声区は融合」されていなければとても歌えないのですが、調子の悪い日は、どんなに融合の練習をしても「裏声と地声が一本化してくれない」時があります。

こんな時は、意外にも「融合」とは反対の、つまり「分離」の練習をたくさんやるととても効果があります。

「融合しよう」と躍起になっていた時には別れたままだった裏声と地声は、「分離」の練習をすると、それもたくさんすればするほど「融合しやすく」なってきます。

これは、まさに「反対の考え」への頭の切り替えが重要な事の、僕が日常的に経験している具体例です。

「分離しようとすればするほど融合してくる」。一見不思議な事のようですが、僕はこのことは「人間の声は元々一本化されていた事の証明」だと思っています。つまり、裏声と地声は理不尽にバラバラにさせられているのです!くっつきたくて仕方がないのです!だからそれぞれを個別に鍛えてやると「勝手に自然に」寄り添ってくるのです。

 

反対側の「音程」を訓練する

一例としては「フラジオレットの練習」があります。

フラジオレットとは裏声の更に上の音域に存在する声で、裏声をサポートしてくれるとても重要なものですが、このフラジオレットを出す練習の一つとして「シュナル」と呼ばれる地声のもっと下の超低音から練習する方法があります。

これはまさに「反対側の音程から攻めた」事による成果の一つです。

「シュナルを前方で破綻させるように工夫して、上顎を引っ掻くように練習する」・・・フラジオレットの見つけ方はこのように言われます。文章で書くとややこしくてあまり良く分からないですね!(笑) でも、一旦フラジオレットを出せてしまうと、この説明の意味が分かると思います。「確かに”前方で破綻させて、上顎を引っ掻いてる”よなあ」って! ボイストレーニングを言葉で説明する事はとても難しく、先人達も苦労したんだろうなあ、と思います!

 

まとめ

ボイトレとは「高い声だけ」「特定の音色」だけを改善していくものではなく、声全体をトータルに成長させていくものです。

その考えを根本に持っておくと、「反対側から攻めてみる」という発想も浮かんでくると思います。

また、ボイトレへの取り組み方・考え方も「反対側から攻めてみる」事が必要です。

機械的な訓練ばかりやっていると、本来の目的である「こんな風に歌いたい」「話し声を変えたい」といった憧れを見失う事があります。

やはり、常に「なぜボイトレを始めたのか?」という初心を頭の片隅から消さない事が大切です。

 

以上、ご精読ありがとうございました。

筆者のプロフィール、ボイトレへの考え

PAGE TOP