【気楽に一曲、歌ってみました】翼を持った豚パート2 間違い探しみたいな曲、パート1同様の歌い辛さ。

「気楽に一曲、歌ってみました」カテゴリーでは、その名の通り”気楽に歌った歌唱サンプル”を載せていきたいと考えています。これまでの「歌唱サンプル」はどちらかといえば”頑張って歌った”という印象の歌が多かったのですが、こちらのカテゴリーは、僕が長くレパートリーにしている曲や歌いたい曲、それも割合”気楽に歌える”曲を取り上げていきたいと思います。

なので必ずしも”ボイトレ的分析”を伴わないものになると思いますが、これを読んでくれた人・聴いてくれた人が「ああ、私の知らないこんな素敵な曲があるんだ!」と、その曲のオリジナルバージョンに興味を持っていただければ幸甚です。

僕自身の趣旨としても、とにかく”気楽に”歌うことを心掛けたいと思います。録り直しも出来るだけ少なくしたいと考えていますので「音程、外れてるやないか!」「リズム、走ってるやん!」といったお叱りも出てくるとは思いますが、そのあたりご容赦くださいませ。

 

さて、今回はこの曲を歌ってみました。

このブログを毎日見に来てくれている方は「おや?昨日の歌と同じかいな?」と、ご自分の記憶を怪しむかもしれません。また「石橋は、このブログにどこかで区切りをつけるためにとにかく記事数を稼いでいるのか?」とお考えなら、後者は正しいです(笑)

上記の曲、昨日のブログに乗せた「翼を持った豚パート1」の続編、「翼を持った豚パート2」ですが、歌詞が少し異なる以外はどこが違うのか判り辛いですね。間違い探しみたいです!

ピンクフロイドのアルバム「アニマルズ」は、「翼を持った豚パート1」と「翼を持った豚パート2」にサンドイッチされる形で「犬」「豚」「羊」をテーマにした3曲が並ぶ構成になっています。あの時代(1970年代)っぽい、もったいぶった感じさえしますが、曲はどれも素晴らしいので是非オリジナルバージョンも聴いてみてください。

後払いオンラインレッスン開講中!お気軽にお問合せください。

 

以上、ご精読ありがとうございました。

初回受講の方は、無料体験レッスンをご利用ください。

↓↓↓

無料体験レッスンのお申込み

筆者のプロフィール、ボイトレへの考え

PAGE TOP