ボイトレ初心者はシビアに音程を合わせる必要はない、今の喉には合わせる力はない

ボイストレーニングとは、シンプルに一言で言えば「喉の機能を高める」ため”だけ”に行なうものです。

生徒さんにとっての最終的な目的が「会議の席で、豊かで説得力のある声でプレゼンしたい」であれ、「ライブでバンドの音圧に負けない充実した声で歌いたい」であれ、基本は”喉の機能回復のための”トレーニングメニューが変わることはあり得ません。

もっと細分化すると「良く通る鋭い話し声」であれ「深く豊かな話し声」であれ、「オペラのような歌声」であれ「ロック歌手の甲高いシャウト」であれ、同じトレーニングを行なうものだという認識で良いと思います。

実際には、例えばアンザッツトレーニングでも「鋭い声」「こもった声」のように出す声のキャラクターが正反対のものが用意されいるので、足りないトーンの方をたくさん練習する、といったバランス調整は必要だとは思います。しかし、それとてボイトレがずっと進んで喉の機能がある程度回復してからにするべきだと思います。やはり初心者のうちは「とにかく、弱っている喉の力を復活させる」ようなイメージで、「鋭い声」も「こもった声」もどんどん出していくようにした方が良いでしょう。最初からバランス重視でボイトレを進めてしまうと、「弱い方に合わせる」ような方向性になってしまいそうです。

さて、ボイストレーニングの一般的なイメージではキーボードに合わせた音階練習などをイメージする方が多いと思います。

そして、その時には「音程をシビアに合わせて発声する」ことを求められるかもしれませんが、実は僕はこのことに少し疑問を持っています。

特にボイトレを始めたばかりの生徒さんにとっては、この「音程を合わせにいく」ことが無意味などころか、むしろとても不利益になると考えています。

今回は、そのような記事内容となります。

お付き合い下さい。


音程を合わせることは喉の仕事=機能の高い喉でないと音程は合わない

当たり前の話で恐縮ですが・・・「声色を作る」「声量の強弱をつける」「ビブラートをかける」、そして「シビアに音程を合わせる」・・・全て「喉の仕事」です。

「ビブラートをかける」ことは、ボイトレを始めたばかりの人には難しいと思います。つまり「まだビブラートをかけられる喉には育っていない」からです。

同様に「シビアに音程を合わせる」ことも、初心者には難しいはずです。ボイトレを始めたばかりの喉にそんな大仕事は無理でしょう。

上記の理由から、ボイトレがある程度進んで狙った音程が何の苦もなく出せるようになるまでは、トレーニング時に音程にシビアになる事は無意味ではないかと思います。

 

喉の機能回復が進むと、細かい音程は自然に合うようになってきます

「声色をつくる」「ビブラートをかける」等は「喉の仕事」、一方「音程調整」は主に「耳の仕事」であると考えがちですが、実際には音程調整の役割の大半を担うのも、やはり「喉」です。

よって、ボイトレによって喉の機能回復が進んでくると、今まで出来なかった細かい音程調整も出来るようになってきます。

例えば「”ドの音”を出すように指示されても、”ミの音”が出てしまう」というような人は、反射的に発声せずに頭の中で出したい音をよくイメージしてから出すことを試してみて下さい。その時は「声色・母音・声のボリューム」など、音程以外の要素もセットでイメージした方が良いと思います。

 

音程が合わない理由は様々ですが、すべて「喉の機能回復」によって解決します

細かい音程調整が出来ないのには、どんな理由が考えられるでしょうか?

  • 母音の不整合・・・ウ母音の時だけ音程がフラット気味になるなど。
  • 声区融合(ミックス・ブレンド)が甘い・・・「地声と裏声の繋ぎ目」付近の音程調整が出来ない。
  • 地声のまま張り上げている・・・高い音域がフラット気味になる。

上記は一例であり、他にもたくさんの原因があるとは思いますが、一つはっきりと言えることは、これらの原因は全て「喉の機能回復」を目的としたボイストレーニングを進めることで解決可能だという事です。

言い換えれば、ボイトレが進まないうちから上記の問題を解決しよう・全ての音程を合わせようとしても無理な事であり、無意味であるともいえます。

喉の機能回復が進んだベテランのシンガーでも、好不調の波が音程調整に現れてくることがあります。疲れがたまっていたりすると「声区融合」が甘くなり、その結果音程調整が上手くいかなくなります。この例のように、不調の時は「耳の問題」ではなく「喉の問題」として、「音程調整がやり辛くなる」という形で現れてきます。

 

まとめ

先生のデモンストレーションを聴いて、続いて自分も発声してみる・・・母音や音色、さらには音程までも、ある程度似せて出す事ができる・・・人間の喉にはとてつもなく神秘的な力が宿っています。

完全とはいかないまでも、ある程度思い通りの音程で発声する事ができる・・・このことだけでも「私の喉は凄い仕事をしてくれている!」と!、自分の喉を褒めてあげてもいいのではないでしょうか!

もちろん実際の歌の中では、もっともっとシビアな音程調整が必要となりますが、それにはもっともっと高いレベルでの「喉の機能回復」が必要になってきます。

音程を「合わせようと意識しても合わない」のなら、「今の喉では、まだ合わせる力はない」と考えた方が良いと思います。

ボイストレーニングの初期段階では「細かい音程は合わせられなくて当然」と考えて、それについてあまり深く悩まず、根本的な喉の機能回復を目指してどんどん声を出していく方が良いと思います。

 

以上、ご精読ありがとうございました。

PAGE TOP