睡眠不足は声の大敵 ~睡眠不足で歌う時の対処法~

睡眠不足で何かをやろうとしても、集中出来なかったり身体が思うように動かなかったり・・・

ボイトレや歌に限らず「良い睡眠」は、心身の健やかさにとって一番大切なものの一つではないでしょうか?

世の中には「3~4時間も寝れば充分」というナポレオンみたいな人もいますが、僕はダメです。たくさん寝ないと良い仕事が出来ないたちなのです。時々、あまり寝ていないのに異常にテンションが上がる時もありますが・・・。僕がシンガーとしてトレーナーとして、声の事を第一に考えた時「食べる」より「寝る」事の方がずっと大切なような気がしています。

マライヤキャリーはツアー中、毎日15時間の睡眠を摂ると言われています。少々都市伝説的な盛られ方をしていたとしても、彼女が声のために睡眠を最重視している事は間違いないのでしょう。

さて、この記事では「歌と睡眠」について、色々と書いてみたいと思います。

お付き合い下さい。


声にとっては「お酒に次いで」悪影響があると感じます

声にとって一番良くないものは何か?と聞かれたら、僕は「お酒」と、即答しますが、その次に悪影響を及ぼすのは「睡眠不足」だと思います。

睡眠不足のままでは、とにかく歌い辛く、思うような表現も出来ず・・・必ず「夜更かしした事を後悔する」事になります。

発表会やライブの前日は、マライヤキャリーのように15時間とはいかないまでも、出来るだけたくさん睡眠を摂りたいものです。

例えば、指の切り傷でさえ睡眠不足が続くと中々回復しないことがあります。「歌う」という事は(というより全ての発声は)声帯に大なり小なりのダメージを与えています。そのダメージは、やはり眠らない事には、根本的には中々回復しないものです。

「お酒と睡眠不足」・・・声にとっての二大悪は常に同時に喉に襲い掛かりますね!僕も「遅くまで飲んでいて寝不足」な時が度々あります!(笑)

 

睡眠不足の時は、声の調整に時間がかかります

僕の経験からいうと、睡眠不足の時は「歌える状態」になるまでにとても時間がかかり、時には「僕は永遠にウォーミングアップをしなければならないのだろうか?」と思えてくるほどです!(笑)

「喉が仕事の仕方を忘れている」ような感覚で、思い出させるために何度も反復が必要な状態なのでしょう。

睡眠不足の時は、とにかく「地声と裏声を融合(ミックス)し辛い」と感じると思います。そこを反復しながらウォーミングアップする事です。練習で出来ない事は本番でもほとんど出来ません。本番で「突然、融合してくる」ことはありません。

 

睡眠不足で歌う時の対処

まず「裏声」と「地声」を交互に何度も出してみてください。

最初はそれぞれが濁って出てくるかもしれませんが、何度もやっていると段々と濁りは取れてくると思います。

「地声と裏声を融合(ミックス)」しないと歌えないのですが、まずはそれぞれ「素材」である裏声と地声がきっちりと出せる感覚を思い出す事から始めます。

それからは、度々書いてきた「不調の時の対処」と同じで、「念入りなウォーミングアップ」「難しい歌でのウォーミングアップ」をやっていきます。

喚声点をまたぐような難しい歌で丁寧にウォーミングアップを繰り返していると、喉は融合(ミックス)の仕事を思い出してくれます。

ただし、ウォーミングアップから本番までの時間があまりに空きすぎると、また喉は正しい働きをしてくれないかもしれません。僕は睡眠不足で不調の時には、本番前にもう一度、車の中で歌ったりしています。皆さんも不調の時はライブの最初の曲で丁寧な発声を心がけて下さい。とにかく1曲目に喉が良い仕事をしてくれたら、後はどんどん調子を上げていけると思います。

 

「ボイトレの3ステップ」を念頭に

睡眠不足の時に限らず、喉が不調の時はとにかく「声区の分離・強化・融合」というボイトレの3ステップを順次こなしていくというイメージでウォーミングアップしてください。

つまり「裏声と地声を交互に出して分離する」ことに始まり「喚声点をまたぐような難しい歌で、段々と融合していく」ように、徐々に声を完成させていくようにウォーミングアップします。

不調の時の声は大抵「混合(分離できていない)」していて「きれいに融合できない」状態にあります。

極論を言うとボイストレーニングには上記の3つの工程しかありません。この3ステップをいつも強く意識する事はとても大切な事だと思います。日々の調子によって声は割と簡単に「混合」したり「融合」できなくなったりします。僕はそんな時はまず「裏声と地声を、それぞれきちんと出す」事から練習を始めています。

 

まとめ

睡眠不足で良い仕事が出来るジャンルは少ないと思います。

こと、歌に関しては「睡眠不足=天敵」です!

本番前は是非、質の良い睡眠をたくさん摂ってもらいたいです。

もし、あまり眠れなかったなら、必ず念入りにウォーミングアップをしてから本番を迎えてください。

 

以上、ご精読ありがとうございました。

PAGE TOP