ボイストレーニングを阻む「満腹感」。練習したい時、ボイトレ学習者は食事を後回しにする。

何かを成し遂げる人と、途中で挫折する人・・・この差は「意欲が阻まれるか、阻まれないか」であると思います。

ボイトレの意欲を阻むものは至るところに転がっています。一般的にはテレビがその最たるものでしょうか?

私はほとんどテレビを見ないので、この誘惑が私を苦しめることはありません。

けれどスマホで簡単にyoutubeなどの動画が見れてしまうこの時代です、私はこれらには沢山の時間を浪費してきました。昔観た映画の断片などを見るのはとても楽しく、あっと言う間に時間は過ぎ去ってしまいます。

私が今年の目標の一つに「スマホを捨てること」を掲げた理由はボイストレーニングの訓練や学習に使う時間、つまり私にとっての仕事の時間を一分でも多く確保するためです。私はまだスマホを持ったままですが、最近は意識して動画などを見る時間を極力減らすようにしています。それを続けていると「スマホで動画を見たい」という衝動が徐々に減ってきていることを実感しています。やっぱりあれは依存状態だったようです。

その他の、私の意欲を阻むこと、それは「満腹感」です。

私は満腹で仕事をすることができません。みなぎるやる気を持続したまま帰宅しても、晩御飯を鱈腹食べてしまったが最後、母音の練習をすることもブログを書くことも次のライブで歌う曲を覚えることも、全てのことが「明日やれば良いこと」に変わってしまいます。それは自動的に「明日の仕事を明後日に先伸ばしする」ことを意味します。何と勿体ない!

そして、もう一つ困ったことに、私は食べる事が大好きな”食いしん坊”なのです。腹五分・腹八分なんて食事ではない!私にとって食事は腹一杯食べることなのです。

近頃、私の食事の時間はどんどん遅くなってきています。全ての仕事を終わらせてから晩御飯を食べることしか「今日予定していた仕事を今日中にやり遂げる」ことと「腹一杯食べること」の両方を満たす方法はないからです。

仕事を進めることも、鱈腹食べることも、私にはとても大切なことであり、喜びでもあるのです。

私ほどではないにせよ、誰でも食後に「眠い」と感じた経験はあると思います。その理由は「消化を助けるために血液が内蔵に集中し、脳に血が行き渡りにくくなる」からだと言われています。「食後の眠気」は、誰にでも当たり前に起こることのようです。

だとすれば、多くの人にとっても「満腹感」はボイトレの意欲を阻む原因になるでしょう。

ボイトレ学習者の戒律・・・「今日はたくさん練習するぞ」という日は「食事は後回し」・・・ご一考ください。

 

以上、ご精読ありがとうございました。

筆者のプロフィール、ボイトレへの考え

PAGE TOP