【気楽に一曲、歌ってみました】take it easy、気楽にボイトレ、のんきに練習、のんびり歌おう

このブログも随分と記事を書いてきました。改めて自分で読み返してみて「こりゃまあまあやな」という記事、はたまた「こりゃ酷い!コジツケもいいとこや」という記事、いろいろ織り交じっております。・・・いやいや、あまり深く考えない!これからも更新頻度を可能な限り高く保ちつつ、ブログ運営を続けていきたいと考える所存です。

「気楽に一曲、歌ってみました」カテゴリーでは、その名の通り”気楽に歌った歌唱サンプル”を載せていきたいと考えています。これまでの「歌唱サンプル」はどちらかといえば”頑張って歌った”という印象の歌が多かったのですが、こちらのカテゴリーは、僕が長くレパートリーにしている曲や歌いたい曲、それも割合”気楽に歌える”曲を取り上げていきたいと思います。

なので必ずしも”ボイトレ的分析”を伴わないものになると思いますが、これを読んでくれた人・聴いてくれた人が「ああ、私の知らないこんな素敵な曲があるんだ!」と、その曲のオリジナルバージョンに興味を持っていただければ幸甚です。

僕自身の趣旨としても、とにかく”気楽に”歌うことを心掛けたいと思います。録り直しも出来るだけ少なくしたいと考えていますので「音程、外れてるやないか!」「リズム、走ってるやん!」といったお叱りも出てくるとは思いますが、そのあたりご容赦くださいませ。

気楽に行こうぜ 焦ったってさ
自分の車輪の音に 頭がおかしくなってちゃ
しょうがないだろ
来なよ 「たぶん」なんて言わないで
分かっちゃったよ 君の甘い愛が
俺を救ってくれるんだって

さて、初回は文字通り”気楽にいこう”ということで、この曲を選んでみました。

アメリカのバンド・イーグルスの1972年のデビュー曲「テイクイットイージー」です。タイトルの意味は”気楽にいこうぜ”みたいな感じだそうです。英語の会話の中でも頻繁に使われる言い回しのようですね。

カントリー的な雰囲気もある曲です。とにかく肩ひじ張らずにのんびり歌うと雰囲気が出ると思います。

メロディーも淡々としているので「ああ!フェイクしたい!もっと高音も出したい!」と、ボイトレを頑張っている人・高音に自信を持っている人ほどそんな風に考えるかもしれませんが、この曲に関しては、”何もしない”方が良いと僕は思います。(フェイクするなら、むしろ”気力抜けする”ような方向でやった方が面白いかもしれません)

take it easyねえ・・・僕なんかはとてもせっかちな方なので、この曲のタイトルは自分自身への戒めとも捉えることができます。

ボイトレ・・・歌の練習・・・もちろん頑張ってやるべきなんですが、時には力を抜いてのんびり構えることも必要かもしれませんね。

 

後払いオンラインレッスン開講中!お気軽にお問合せください。

 

以上、ご精読ありがとうございました。

初回受講の方は、無料体験レッスンをご利用ください。

↓↓↓

無料体験レッスンのお申込み

筆者のプロフィール、ボイトレへの考え

PAGE TOP