声の急成長を待って停滞期を楽む ~ボイトレの成長曲線はなだらかではない~

ボイストレーニングの成果は一朝一夕には現れる事はなく、喉はとてもゆっくりとした進度で成長していきます。

そして、その成長曲線は、完全になだらかなものではありません。

つまり「停滞期」に続く「急成長」を繰り返すものだと思って下さい。

「毎日ボイトレしているのに、最近は成長を感じない」という時期は不安になりモチベーションも下がってしまいますが、「停滞期の後の急成長」を知っているとジッと我慢して、むしろ「停滞期を楽しんで」待つことが出来ます。

この記事では「ボイトレの成長曲線」について等、色々と書いてみたいと思います。

お付き合い下さい。


初心者ほどスタート直後は急成長する

これまでに頻繁に歌ってきた人(バンドのシンガー等)ではなく、「歌に関してはほぼ初心者」である人のほとんどは、ボイストレーニングを始めると最初の数回のレッスンで飛躍的な成長を見せてくれます。

「音程をとる事も難しかった人が、1ヶ月である程度しっかりした音程感覚を身に付けた」「裏声の出なかった人が出せるようになった」等、こちらがびっくりするほどの変化のある人も多いです。

こういった人たちは(当たり前の事ですが)、僕が提案した練習メニューを毎日コツコツとこなしてきた人です。前回レッスンから急激に良くなっている人に「どんな練習をしましたか?」と尋ねると、決まって「毎日少しづつ・・・」という答えが返ってきます。やはり「短い時間でも毎日続ける事」がいかに大切かが分かります。

「全く使っていなかったものを使う」事の方が「ある程度使っていたものを更に使う」事よりも変化は大きいはずです。

例えば「音程が取り辛い人」は裏声の機能が眠ったままになっている事が多いです。

こういう人が裏声の練習をする事は「成長」というより「覚醒」といった方が正しいので、結果として「声の急成長」として現れてくるのでしょう。

 

経験者は、最初は成長もゆっくりです

一方、高頻度で歌ってきた人はどうでしょうか?

こういう人達は、良くも悪くも各々独自の「発声の癖」というものを持っています。

ボイストレーニングをやろうという人達は自分の発声に疑問を感じている事が多いと思うので、身に付けてきた癖のほんとんどは「悪癖」と考えた方が良いでしょう。

「正しい発声」を求めて「未知のトレーニング」を進めていく訳ですが、最初は長年の悪癖を取り去る事に少々苦労する事もあります。

その人が「腹式呼吸」など、呼吸に頼ったメソッドをやり続けてきたなら、尚更時間がかかるかもしれません。

また、頻繁に歌っている人の中には「地声と裏声の混合状態」を持った人もいます。

バンドで長い間歌ってきた、それもある程度幅広い音域を歌えていた人たちは、不適切に地声と裏声が混ざり合ってしまっているので、最初はそれぞれをバラバラに抽出する事に時間をかけねばなりません。

僕自身も、この「混合状態」で、「一応歌えてはいるけど、不自由さを感じている」というタイプでした。「混合状態」のシンガーは、周りからみると「え?なぜ君が今更ボイトレを?」という印象を持たれる事が多いのですが、当人はとても歌い辛さを感じているはずです。

 

必ず停滞期は訪れる

ボイトレを継続していると、必ず成長をあまり感じない「停滞期」がやってきます。

もちろん、この間も喉は少しずつ虎視眈々と成長を続けてはいますが、声の状態として表に現れないのです。

声は体やメンタルの不調の影響を受けやすいので、時には「最近、下手になっている」とさえ感じる事もあるかもしれません。なので、声を一日単位で評価してはいけません。ボイトレは数か月スパンでの成長を確認しながら進めるべきだと思います。

そして、この「停滞期」にモチベーションを下げずに練習を続ける必要がある事は、言うまでもありません。

 

急成長が待っています

何も成長を感じられない期間も、黙々と練習を続けていると、ある日突然声が全然違う感覚で出せている事に気が付くと思います。

苦労していた歌が少し楽に歌える!・・・「話し声が変わった」と周りの人から指摘される・・・

そんな「声の急成長」を感じる日が必ずやってきます。

喉は植物に似ていると言われます。地中で根を育んでいる間は上記の「停滞期」に当たるでしょう。植物はある朝突然芽を出しますが、それは毎日水を与え続けたからです。声の成長も同じようなイメージを持って下さい。

 

停滞期にいかに練習出来るかが大切です

この停滞期に黙々と練習し続ける事が出来れば、きっとボイトレを一歩先へと進める事が出来ます。

ボイトレを何年もやっていると、経験として「停滞期を楽しめる」思考が身に付くと思います。

成長を感じにくくなったら、むしろその後の急成長を楽しみにして、日々のトレーニングに精進してください。

 

まとめ

このような「停滞期~急成長」という成長曲線は、ボイトレに限った事ではありません。

結局、何かを身に付けるためには「追い風の時」よりも、「向かい風の時」にやる事の方がはるかに難しく大切な事なのでしょう。

そして「向かい風の時」でも、何も特別な事をやる必要はありません。

黙々といつもの練習をやる事に集中してさえいれば、必ずその後の急成長を感じる事が出来ます。

 

以上、ご精読ありがとうございました。

PAGE TOP