カラオケで歌声に力を込められない女性。地声を強くする、地声の音域を広げる

後払いオンラインレッスンについて

「男性の歌声」「女性の歌声」・・・何人かでカラオケに行った時なんかに、それぞれの歌声を分析すると「女性と男性とでは(喉の使い方が)こうも違うものか!」と思います。

近頃僕はカラオケに行っても、素直に楽しむことが出来なくなってきました!「この人はこの歌の高音をどう処理するのだろう?」「この人の喉の位置は少し高めだな」などと”ボイストレーナー目線”で聴いてしまうからです。一種の職業病ですね・・・(笑)

まず男性は”地声で頑張る”タイプが圧倒的に多い印象です。のっけから大きめの声で歌い始め、サビの高音になると更に声量を増して声を張り上げるタイプの人です。男性はマナー的・因習的に”腹から声を出す”といった美学を植え付けられて育っている人も多いので、そんな影響もあるのでしょう。

かつては僕もまさに”地声で頑張る”タイプのボーカリストでした。いつも「声量=正義」といった考えに終始していました。”声が良く出ている”という評価は音楽的にも最大の誉め言葉だと勘違いしていたのです。今から考えると”声が良く出ている”という評価は「歌が音楽に溶け込んでいない」、少し残酷な言い方をすれば「歌だけが悪目立ちしている」という意味に取れなくもありませんので・・・

一方、女性の場合は反対に”張り上げられない”タイプの人も多いようです。こちらも、マナー的・因習的に”ソフトな女性らしい声”という男性とは逆の美学を求められた結果なのかもしれません。

ある女性がこんなことを言っていました。

「私、もっと歌に力を込めたいのですが、声に力が入らないんですよ。だから歌に感情を乗せることなんかできません。」

今回はそんな”歌声に力を込められない女性”に読んでもらいたい記事となります。

お付き合いください。


力を込められない原因は「地声の不足」です。

僕がレッスンをしていて、仲間とカラオケにいって、いつも感じることは「地声が不足している女性はとても多い」ということです。

一口に”不足”といっても・・・それは”質と量”の両方だと考えてください。

地声の”質”の不足

これは挨拶をした時、会話を交わした時に聴こえてくる普段の声の”質が悪い”という意味です。

「会話をしていると何度も聴き返される」「カラオケで歌うと、ついマイクのボリュームを上げたくなる」・・・こういった女性は”地声の質”が不足しているといえます。

 

地声の”量”の不足

”量”というと少し御幣を与えるかもしれませんが、これは”音域”と考えてください。歌ったときに地声で歌うことのできる音域が狭く、低い音域でもソフトに裏声混じりで歌ってしまう女性はとても多いです。

 

取り組んでもらいたいボイストレーニング

では、そんな”地声の不足”に悩む女性に取り組んでもらいたい簡単なボイストレーニングとは・・・

地声で歌う音域を増やす

まずは、カラオケで歌う時に、低い音域からソフトに歌う(裏声混じりで歌う)癖を改めてみましょう。

こういった人は「歌とはソフトな声で歌うもの」という先入観を持っていて「私の歌声はこういうもの」と決めつけてしまっているところがあります。また、声を強く出す事を怖がっている場合もあります。

一度、自分がどの音から裏声に切り替えて歌ってしまっているか検証してみると良いでしょう。

女性はA4(高いラ)辺りまでは地声で難なく歌えるはずなので、その辺りの音域は「強い地声で歌うんだ!」という意識でもって練習してみてください。

 

普段から強い声で話すことを意識する

地声が弱い場合は、話し声や挨拶の声も意識した方が良いでしょう。

普段の挨拶、会話、笑い声・・・とにかく「今より強く大きく」出すように心がけるだけでも立派なボイストレーニングになるはずです。

これは、意識すれば割と簡単に実行できると思いますよ!大きな声で挨拶されて不快に感じる人は少ないはずなので!

”裏声の不足に悩む男性”に比べると随分現実的だと思います。(男性が裏声混じりの声で会話をすることの方がずっとためらってしまいます。笑)

 

カラオケ仲間の”地声で頑張るタイプ”の男性の真似をしてみる

身近な誰かの模倣をするとしたら、冒頭で書いたような”地声で頑張る”タイプの男性をモデルにすると良いでしょう。

とにかく強い声で大声で歌う・・・そんな人が仲間に一人くらいいるのではないでしょうか?

その人をイメージして歌ってみてください。”地声で頑張る”とはどういう意味か、体感できると思います。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

「歌っていても、なにかフワフワして頼りない印象だ」「力が入らず感情が込められない」と感じているなら”地声の不足”が原因だと思います。

「歌声に力を込められない」と感じているなら、ぜひ上記のボイトレを試してみてください。

また、レッスンをさせていただく立場からは”地声で頑張る”タイプの男性よりも”地声が不足している”タイプの女性の方が、どちらかと言うと導くのに時間がかかってしまう印象です。

けれど日常の挨拶の声を強める等、普段から意識することも充分可能です。

ぜひ”地声の不足”を解消して、強く感情が込められる歌声を手に入れてもらえれば、と思います。

後払いオンラインレッスン開講中!お気軽にお問合せください。

 

以上、ご精読ありがとうございました。

初回受講の方は、無料体験レッスンをご利用ください。

↓↓↓

無料体験レッスンのお申込み

筆者のプロフィール、ボイトレへの考え

PAGE TOP