「ボイトレの為の声」と「歌う為の声」をはっきり区別する(再投稿)

ボイトレを始める動機で一番多いのはもちろん「歌が上手くなりたい!」です。

他には「高い声を出せるようになりたい」というニーズも大変多い印象です。「高い声が出る=歌が上手い」とは言い切れないにしても、最近の歌はキーが高いものが多いので、「高い声の獲得」は歌にとって必須事項なのでしょう。

そう多くはありませんが「話声を変えたい」というニーズもあります。もちろんボイストレーニングによって「話し声」も確実に改善します。その人にとって「声」はただ一つです。「話し声」が変われば「歌声」も変わってきて当然で、逆もまたしかりです。

そしてその時に陥りやすい誤った思考として「歌いたい歌で練習してしまう」というものがあります。

難しい歌に何度も挑戦して、喉を傷めてしまった経験は誰にでもあるのではないでしょうか?

そこで今回はボイトレする上での正しい思考と具体的な訓練内容について書き進めていきたいと思います。

  1. ボイトレの為に出す声は歌には使わないし使えない
  2. ボイトレとは普段出さない声を出していくもの
  3. 喉の中身は見えないので、出てくる声で判断する

お付き合い下さい。


ボイトレの為に出す声は、歌には使わないし使えない

ボイトレの基本中の基本は「喉を吊る筋肉(喉頭懸垂機構といいます)をバランスよく鍛える事」です。

発声の不具合はこの喉頭懸垂機構の働きの悪さから起こります。

「歌っていると息が詰まったようになって苦しくなってくる」

「高い音程で声が裏返ってしまう」

「そもそも何曲も続けてなんかとても歌えない」

というような問題はこの「喉を吊る筋肉」の働きが弱く、思うように動いてくれない事に原因があります。

そしてこの「喉を吊る筋肉」を鍛えるためにはどうするか?喉にオモリを付けて筋トレするわけにもいかないので・・・色々な声色を出す事によって鍛えていきます。

例えば(声色1)を出すと喉は上に引っ張られる、(声色2)で下に引っ張る、(声色3)は喉をうなじ側に引っ張る、みたいな感じです。※猫の鳴き真似(ニャオ~)は喉を上に、牛の鳴き真似(モ~)は喉を下に引っ張ります。動物の声真似トレーニングは、面白い上に効果がありますよ!

喉を吊る筋肉を鍛える方法として「アンザッツトレーニング」があります。僕も毎日行なっています。”アンザッツ”というキーワードはボイトレ界隈では割と一般的に流布していると思います。

つまりボイトレでは実際に歌で使う声とはまったく別の、むしろ「歌では絶対に使えないような声」を使って行なっていきます。

この思考を更に押し進めると「ボイトレとは普段出さない声を出していくもの」とさえ言えます。

喉は形状的にも機能的にも個体差の少ない器官です。

それが年月とともに人それぞれ個性的な話し声・歌声を得ていくのは、「喉を吊る筋肉」のどこを沢山使ってきたか?に左右されてきます。

喉を上に引っ張ってきた人は甲高い声で話し、下に引っ張る傾向にあった人は低く重い話し声・歌声になります。

つまり多くの人の声は年月が立つ程に偏りが強くなって不自由になってきます。

だからこれ以上の偏りを防ぎ、未使用の筋肉を目覚めさせる為にも意識的に「普段出さない声を出していく」事が大切になってきます。

「普段出さない声・皆が聴いた事のない声」というと、「奇声」という事になります。僕も定期的に「奇声」だけ練習するようにしています。場所と時間は選びますが、慣れてくると心地よくさえ感じますよ!何よりキーボードなしで、音階を気にしない練習なので解放感があります!

目には見えませんが、確実に「出てくる声の変化」となって現れます

ボイトレの成果・結果についても当然「喉の中身は見えないので、出てくる声で判断する」ことになります。

出てくる声の質や大きさ・耐久性によって「喉を吊る筋肉」がどのように目覚めて鍛えられたかが判断できます。

ボイトレを3ヶ月続けて首が太くなった!とか、胸板が厚くなった!とか、そんな事はあり得ません。

でも毎日ボイトレを続ける事によって「喉を吊る筋肉」はコッソリと少しずつ、しかし確かに目覚めて鍛えられていきます。

もちろん当教室でも、より進んだトレーニングに入っていくとキーボードを使ったスケール練習もやっていきますが、何はともあれ最初にどの生徒さんにも例外無くレッスンするのは「喉を吊る筋肉」の覚醒と鍛錬です。

この事なくしてボイトレの成功はあり得ません。

 

まとめ

奇声に近い声での訓練も必要なので、「こんな声出してたら家族が心配するんちゃうか?」と思われるかもしれません。

心配はご無用です!なぜなら「マママママ~♪」みたいな音階練習も、ボイトレしない人が聴いたら立派な奇声です(笑)

時には「こんな奇声や泣き真似みたいな事ばっかりやらされて、ほんとに歌が上手くなるんかいな?」と思われる事もあるかもしれません。

心配はご無用です!なぜならこれはボイトレ史上、確実な効果が証明されている唯一の訓練方法だからです。

 

以上、ご精読ありがとうございました。

筆者のプロフィール、ボイトレへの考え

PAGE TOP