「声」は才能ではありません。正しくボイトレすれば声は必ず変わります

「あの人はもともと良い声をしているから」「彼は強い喉を持って生まれてきた」などとはよく言います。

つまり「声は天性のもの」であり「生まれついての能力の差」が声質や声域を決めてしまう、というのが世の中の一般常識です。

でも実際は、これまでの記事でも書いてきたように、喉の機能には個人単位での大差は無い事が分かっています。

子供時代の育ってきた環境が、大人になってからの声質を作るといってもいいと思います。

たくさん歌ったり叫んだりしてきた人、大人しくてあまり大声を出さずに育ってきた人、当然のように、それぞれ全く違った声の持ち主となります。

 


17世紀のイタリア、ボイストレーニングが質的に隆盛を極めていた頃、正しく声を育てるには6年~10年の期間がかかると言われていました。

そして、そこからまた更に声楽の音楽的な練習をせねばならなかった事でしょう。

僕も言われました!「決して、すぐに声がちゃんと出るようになるとは思わぬように!」と。

そして、6年~10年と聞いて、その遠大な練習時間を想像して愕然としたものです。

※6年~10年とは「オペラを歌えるようになる声を完全に仕上げるまで」という意味です!

あまり悲観しないで下さいよ!1~2年でちゃんと歌えるようにはなります。

 

でも、物事はプラスに前向きに考えるべきです。

昔のイタリアのボイストレーナーは「6年~10年かかりますが、きちんとトレーニングすれば声は必ず作れる」という考えを持っていました。

本当の勉強はそれからだと、つまり「時間をかけて正しく練習しさえすれば、良い声は“必ず”手に入る」と。

また、別の言い方をすれば「時間と努力さえ持てば誰でも達成できる“声を育てること”くらい、とっととやってしまおうぜ!」という事でしょうか。

彼らは信じていたんでしょう、喉という楽器を完全な物にするためのシステムを知っていて、その通りに訓練し、生徒が一生懸命努力しさえすれば、一人の例外もなく良い声は手に入ると!

 

「上手くいくかどうかは分からないけれど取り敢えず訓練しましょう」

「ダメなら才能が無かったという事で・・・」

では無かったのです。

 

つまり、ボイストレーニングによって良い声を手に入れる事は、決して難しいことではないのだという事です。

昨今、ボイトレのメソッドは、時代の流れの中でその方法や考え方が歪んで間違った方向に行ってしまったと言われています。

その方向が少しずつズレた事が、たくさんの「ボイトレで上手くいかなかった人」を作り、世の中に「声は天性のもの」という先入観を作ったのでしょう。

 

「歌は才能」かもしれませんが、「声は才能」ではありません。

 

声を育てる間違いのないシステムが存在し、それを知るチャンスがあります。

「もし声が育たなかったら?」

僕たちトレーナーは「才能のせい」には決して出来ないと思います。

 

正しく確実な方法で声を育てる事は間違いなく可能です。

そして、少し時間をかけてでも、美しい音を出す楽器を手に入れて、そこからは内に秘めていた歌心を声に乗せて、たっぷりと奏でていただきたいと思います。

 

以上、ご精読ありがとうございました。

初回受講の方は、無料体験レッスンをご利用ください。

当教室では、初回お申込みの方にはまず「無料体験レッスン」を受講していただきます。体験レッスンは下記の内容です。

  1. 歌声の悩みについてお話を伺います。
  2. 通常のレッスンを行ないます。(あなたと私、両者が発声し、歌います)
  3. 私が感じた、あなたの声に関する印象や問題点を申し上げます。

レッスンでは、私とあなたは「向かい合って、お互いの声を聴き、そして発声する」ことに、ほぼ終始します。そもそもボイストレーニングの歴史は「生徒が先生の声を真似る」ことによって作られてきました。(なので極端な話、私の声が出ない時は、レッスンは中止しなければなりません)。無料体験レッスンは、当教室のそんなレッスン内容について理解していただくためにご用意しています。

また、大の大人が小一時間、お互いに発声したり話したりするのですから、私とあなたが「人間的に合うかどうか」も、見極めていただく必要があります。やはり円滑なコミュニケーションは、あなたの歌声の改善を、よりスムーズに推し進めてくれると思います。そして、私は「非常にせっかちな人間」です。そのあたりも充分に観察していただき、「この先生となら歌声を”一生懸命”訓練していける!」と感じて頂ければ、これほど嬉しいことはございません!そうなれば、私もあなたの歌声のことを”一生懸命”考えさせていただきます。

※実は、私が「非常にせっかちな人間」であることは、あなたの歌声改善にとって、プラスに作用することなのです。ボイストレーナーは、生徒さんを二種類の意味で「急かす(せかす)」必要があります。一つは、あなたが早く目標に到達するために”背中を押す”という意味で「急かす(せかす)」。もう一つは、実際のレッスンの中で私はあなたに「発声を急かす(せかす)」場面が数多くあるのです。そして、後者は”筋肉の目覚め”に関するとても大切なことなのです。

最後になりましたが、あなたが体験レッスンにお申込みいただくことを心待ちにしております。下記より、ぜひご連絡くださいませ。↓↓↓

無料体験レッスンのお申込み

筆者のプロフィール、ボイトレへの考え

PAGE TOP