【歌唱サンプル】「声を聴いて歌う」は不安なシンガーを救う。練習でのモニター音量は控え目に、”とっておき”は満を持して使う。

シンガーは、他の楽器の奏者と比べて、持てる能力を充分に発揮できずに、あれよあれよという間にライブを終えてしまう・・・そんな残念な可能性を常に抱えていると思います。

僕自身の経験からも、周りのミュージシャン仲間を見ていても・・・歌は好不調の波が現れやすいと感じます。僕の周りのギタリストやドラマーたちはどうなのかな?・・・うーん、少なくとも彼らが「能力の半分も披露できていない」、そんな場面に遭遇したことはないなあ・・・僕なんか、ライブが終わって帰っていくお客さんの後姿を見送りながら「あー、この人たちはこれから居酒屋さんか何かに立ち寄って、”今日のバンドは良かったけれど、ボーカルだけがどうしようもなく下手だったよなあ”なんて、酒の肴にされるのかなあ」と、自分の不甲斐なさに身を隠したくなるような経験は、過去に一度や二度ではありません。

練習では上手くいくのにライブではいつも”いまひとつ”に終わってしまう・・・そんな原因の一つは”聴こえ”、つまりモニター環境の問題です。一人で練習している時は自分の声を自分の耳で潤沢に聴くことができますが、ライブではそうはいきません。会場の音場やモニタースピーカーとの相性が悪いと、ライブに慣れていないシンガーはたちまち調子を崩してしまうことになります。そんな理由から僕は「常日頃のスタジオ練習ではモニター音量を控え目に」と推奨しています。シンガーは自分の声を”喉の感覚”や”響きからの想像で”捉える訓練をしておく必要があると思うので、あまりに”贅沢な”音環境での練習は弊害も多いと考えています。響かない母音、音質の悪い声を完全に是正してしまうような高性能すぎるマイクやレコーダーを使うことにも怖さがあります。スタジオ練習では、バンドの音の中に埋もれそうになる自分の声を自分自身の喉の感覚で拾い上げて、耳だけを頼りにせず、出てくる声を想像したり推測したりしながら歌うことが必要だと考えています。

さて、上記のようにスタジオ練習や慣れた場所でのライブではモニター音量を控え目にして”訓練”的に歌っている僕ですが、慣れない環境でのライブではむしろ潤沢なモニターで歌うようにしています。先日、京都のショッピングセンターでのライブに出演しましたが、これはもう完全な”アウェー”の環境が想像できました。慣れないステージの不安・・・誰も聴いていない可能性・・・緊張・・・。こんなときは思い切ってモニター音量を潤沢にして(自分の声をたくさん聴いて)、やりやすい環境で歌った方が良いと考えています。いやむしろ、こういう”アウェーな”ときのために普段は「自分の声をたくさん聴きながら歌うこと」を温存しておく必要があります。そして不安なシンガーにとっての一番の妙薬、”とっておき”を満を持して使うのです!(実際はこの日、たくさんの人が熱心に聴いて下さいました。またフルバンドではなくアコギライブだったので、音環境的にはそれほど不安はありませんでした)

ということで、下記の音源2曲はその時のものです。先輩シンガーと二人での出演でしたが、念には念をということで二人して本番前にカラオケボックスで練習してから臨みました。そして僕は自分の声を潤沢に聴いて歌ったので、大体は思い通りにいったのではないかと思います。(曲はポリスの「見つめていたい」と、ビートルズの「のっぽのサリー」です)

「自分の声を聴いて歌う」・・・これほどシンガーの不安を解消してくれるものはありません。慣れない場所でのライブで歌うときの参考になれば幸いです。

 

以上、ご精読ありがとうございました。

筆者のプロフィール、ボイトレへの考え

以上、ご精読ありがとうございました。

以上、ご精読ありがとうございました。

PAGE TOP